スタッフブログ

旧盆⑥「旧暦7月15日と新暦8月15日」

2021年07月30日

こんにちは、マルキヨ製菓広報担当の仲宗根です。最近は天気の良い日が続き、蝉の声も元気よく聞こえてきます。気が付けば明日で7月も終わりですね。いつの間に2021年は半分以上が終わってしまったのでしょうか?

 

8月になれば旧盆という大きな行事がやってきます。すでにマルキヨ製菓はお供え用お菓子を作るためフル回転状態。平常のお菓子作りはいったんストップして、お供え用お菓子を作る事に専念しています。

 

去年に続いてコロナ禍での旧盆。ある程度規模が縮小される事が予想されますが、沖縄の皆さんがいい形で行事を行えるよう、こちらも一生懸命準備をするだけです。

 

さて、最近はお盆関連の記事を綴っています。今日はお盆を行う日についてです。

 

バックナンバー

お釈迦様の弟子・目連の母親は、飢えや渇きで苦しむ地獄へ堕ちてしまいます。目連は自らの神通力を使って母親に食事を与えようとするもうまくいきません。そこでお釈迦様はあるアドバイスをします。

⇒【地獄へ堕ちた母

 

僧侶達が死者の苦しみを取り除き、成仏させる儀式を「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と言います。その意味はなんと「逆さづり」で、それが「盆」の語源になります。

⇒【逆さづり

 

特に旧盆の時期、沖縄で踊られる事の多いダイナミックな踊り「エイサー」。その語源はいくつかの説がありした。

⇒【エイサー

 

袋中上人という人物が、福島県の伝統芸能である「じゃんがら念仏踊り」に経文(きょうもん)をつけて、琉球に広めます。これが「エイサー」の起源だと言われています。

⇒【エイサーを広めた人物

 

「盆踊り」の起源は「踊り念仏」でした。最初は念仏を唱える事が主流でしたが、だんだん踊りなど芸能面の色が濃くなって「念仏踊り」に。特にお盆の時期に踊る「念仏踊り」が「盆踊り」になっていきました。

⇒【盆踊り

 

旧暦7月15日

まずは今年(2021年)の旧盆の日程を見てみましょう。

 

旧暦7月13日(金)(新暦8月20日):ウンケー

ご先祖様がグソー(あの世)から、こちらの世界に戻ってくるのをお出迎えする日です。

 

旧暦7月14日(土)(新暦8月21日):中日(ナカビ) 

ご先祖様と一緒の時間を過ごす日です。

 

旧暦7月15日(日)(新暦8月22日):ウークイ 

グソー(あの世)へ戻るご先祖様を送り出す日です。

 

沖縄、そして鹿児島の一部地域ではお盆を旧暦の7月13~15日に合わせて行います。しかしそれ以外の地域では、新暦の8月13~15日に合わせてお盆を行います。

 

旧暦では7月に行っていたお盆ですが、どうして新暦だと8月にるのでしょうか?

 

明治政府が樹立する以前、日本全国では旧暦が採用されていました。それゆえ、どの地域でもお盆は7月の中旬に行われていました。

 

明治6年。当時の新政府はグレゴリオ歴、すなわち今も使われる新暦を採用します。新暦を採用しても、それが浸透するまでには少し時間を要します。すると、旧暦7月のままでお盆を行う地域と、新暦の7月に合わせてお盆を行う地域が出てきました。

 

だいたいになりますが、旧暦と新暦では約1ヶ月のズレが生じる事が多いです。まず新暦の7月が先にやってきて、1ヶ月ぐらい後に旧暦の7月がやってくるわけです。

 

実際今年(2021年)の場合、旧暦の7月1日は新暦で8月8日となっているため、確かに1ヶ月近くズレている事がわかります。

 

そうなると、新暦7月に合わせてお盆を行うと、今までのお盆より1ヶ月近く早めに行ってしまうわけです。そこである地域の住民は「これまでのお盆の時期に合わせたい」として、新暦8月にお盆をするようになりました。

 

新暦の8月中旬にお盆を行えば、これまで行っていたお盆と時期的にもだいたい近くなるわけです。このように「行事を1ヶ月先にズラす事」を「月送り」と言います。

 

旧暦7月に行っていたお盆を新暦8月に行う理由の1つは、「これまでのお盆と時期を合わせる」ための「月送り」にあるのです。そして、もう1つ別の理由があります。それは8月15日が終戦記念日である事に由来します。

 

1945年に終戦を迎えた太平洋戦争。1982年には、8月15日を「戦没者を追悼し平和を祈念する日」とすることが閣議決定されました。

 

新暦8月15日は戦没者に手を合わせる。すなわち、ご先祖様に手を合わせる事になりますので、お盆をこの日に設定すれば時期的にもちょうどいい形で手を合わせる事が出来るわけです。

 

旧暦7月で行っていたお盆を新暦8月で行うのは、旧暦で行っていたお盆の時期に合わせるための「月送り」、そして「戦没者の慰霊」という2つの理由によるものです。

 

今年の旧暦7月13~15日は、新暦で8月20~22日となっているので、新暦のお盆とはちょうど1週間のズレ。確かに時期的には近い事がわかりますね。

 

蒸しまんじゅう

旧盆関連の記事と共に、お供え用お菓子も紹介しています。今回は色鮮やかな

21_0316_02蒸しまんじゅう。こちらはがっつり系のおまんじゅうで

21_0316_12中に入っているあんこも美味しい。

21_0316_06暑い夏でも、レンジで15秒チンして食べるのもアリだと思います。アチコーコーの生地とあんこのコラボレーションは実に美味しいですよ。

21_0316_11今年の旧盆、こちらのお菓子も是非、お供えして頂ければと思います。

 

連日、オリンピックで日本人選手が活躍する姿を見て元気をもらっています。ついつい夜更かしして、その日のハイライトを見入ってしまい寝不足になりがちですが。笑

 

選手達の頑張りに負けないよう、こちらも暑い夏を頑張って乗り切りたいと思います!

 

今回はこの辺で。

 

平日は毎日更新。Facebookもよろしくお願いします。

⇒【マルキヨ製菓:Facebook

mozu08

 

ブログランキング参加中です。よかったらポチッとお願いします。

 ↓

br_c_3110_1

沖縄 ブログランキングへ

商品取り扱い店舗

  • ・タウンプラザかねひで
  • ・イオン琉球㈱
  • ・リウボウストアー
  • ・㈱丸大
  • ・㈱サンエー
  • ・ユニオン
  • ・コープおきなわ
  • ・JAおきなわAコープ
  • ・野原食堂(宮古島)
  • (順位不同)

※工場でもご購入可能です。毎日製造する商品は異なりますので、事前にお問合わせください。

ご注文・お問合せはこちら 下記の電話番号・お問合せフォームからお気軽にお問合せください。 お問合せフォーム 098-878-8583

マルキヨ製菓通信販売

商品取り扱い店舗

  • タウンプラザかねひで
  • イオン琉球㈱
  • リウボウストアー
  • ㈱丸大
  • ㈱サンエー
  • ユニオン
  • コープおきなわ
  • JAおきなわAコープ
  • 野原食堂(宮古島)