スタッフブログ

シーミーは2種類ある?

2017年04月6日

こんにちは、マルキヨ製菓・広報担当の仲宗根です。早いもので、新年度も明日で1週間が過ぎようとしています。

 

日々、仕事に追われていて、気がつけば1日が終わっているという毎日です。新年度も、まずは【シーミー】という大きな行事でスタート。マルキヨ製菓では毎日、行事用お菓子をたくさん作っていますよ。

 

前回ブログでは、この【シーミー】が中国から来た行事である事を話しました。

 

二十四節気である「清明節」の頃に本格的な農作業が始まるという事で、ご先祖様にご加護を求めて儀式を行う。首里の士族の間で行われていたものが、やがて一般市民にまで広まりました。

 

今回は、さらにくわしく【シーミー】についてのお話をしたいと思います。

 

【マルキヨ製菓 CM①】

 

まず、シーミーという行事には2種類ある事をご存じでしょうか? 1つはいわゆる皆さんがよく知っている、一般のシーミー(シーミー祭)。もう1つは「カミウシーミー(神御清明)」と呼ばれるものです。

 

「カミウシーミー」とは、いわゆる「ムートゥヤー」と呼ばれる一族の本家・宗家にムンチュー(門中)で集まり、料理などを作ったあと、遠い先祖のお墓参りをするものです。

 

沖縄でしばしば耳にする「ムンチュー(門中)」という言葉ですが、これは始祖を同じくする父方の血縁集団の事で、特に沖縄県本島南部でよく見られる集団です。

 

琉球王府が17世紀後半に士族の家譜を編纂し始めた時、士族階級を中心にこのムンチューが発達したと言われています。本島南部でムンチューが多く見られる理由は、琉球王府による事業がきっかけなのです。

 

血縁や親族関係を調べる家譜を編纂するという事で、今一度、親族のつながりを確かめると同時に、ムンチューとして行事を執り行うのです。

 

ムンチューで集まり、遠いご祖先様のお墓参りをする「カミウシーミー」に対し、通常のシーミーでは身近な先祖のお墓参りをします。

 

カミウシーミーは、通常のシーミーよりも先に行われます。特に清明節の入り日(2017年は4月4日)に行われますが、最近では「そこまで日にちにこだわることもない」という事で、天気の良い休日にカミウシーミーを行うところも多いです。

 

このブログ記事を書いているのが4月6日ですから、すでにカミウシーミーを終えた所もあれば、今度の週末あたりにやるところもあるでしょう。

 

カミウシーミーの後、しばらく経ってから通常のシーミーが行われます。ただし最近では、ゴールデンウィークに帰省して一般のシーミーを行う事も珍しくありません。

 


【マルキヨ製菓 CM②】

 

琉球王国の正史「球陽」の記録によれば「1768年、尚穆(しょうぼく)王が玉陵(たまうどぅん)で初めてシーミーを行った」そうです。 そしてその年以降、毎年この行事を行うことに決めました。

 

国王が率先してこの行事を行うようにと指示を出し、士族を中心にまずその行事が行われます。そして首里を中心に、一般市民の間でもシーミーという行事が広がっていくのです。

 

ここで1つ、面白い記録がありますので、それを紹介しましょう。1768年に王様がシーミーを行ったと言いましたが、何とその40年前の1728年に、シーミーに関する記録が残っているのです。

 

中国から琉球へやってきた人達が「うちの家では、清明の日にこんな行事をやる」というマニュアルを残しているのです。それこそがまさにシーミーの風習であり、「シーミーは中国から伝来した」という根拠にもなっているのです。

 

この中国からやってきた人たちの風習を王族が真似し、そこから沖縄本島中南部を中心にこの行事が広まっていったのです。ちなみに実際に一般市民へ広まっていくのは琉球王国が消滅するあたりからなのだそうです。

 

そしてその風習は北部までは、広がりきらなかった……。だから、北部や離島の方にシーミーといっても、ピンとこない人が多いのです。

 

本家・宗家を特に意識しない一般家庭なら、「そろそろシーミーの時期だな」と意識する頃でしょう。今度の土日、あるいは来週の土日、はたまたゴールデンウィークあたりに墓参りを計画しているかもしれませんね。

 

シーミーといえば、それをきっかけに親族が集まって交流する場でもあります。県外に住んでいるウチナーンチュは、シーミーをきっかけに帰省して日頃疎遠な親戚らと交流しておきましょう。

 

マルキヨ製菓では毎日夜遅くまで、シーミー用お菓子を作っています。県内の各スーパーにある「シーミーコーナー」を是非ともチェックして頂きたいと思います。

 

さて、私立だと今日、公立だと明日から新学期という県内の学生の皆さん。新学年のスタートとなる1学期、気持ち新たに頑張って下さい。

 

マルキヨ製菓では、入学祝いや入園祝いに

6031001

「お祝い用紅白かるかん」の注文がたくさん入っています。今度、入学式や入園式を迎えるお子様がいる家庭では、この機会にマルキヨ製菓の「お祝い用紅白かるかん」を注文してみてはいかがでしょう?

6031002

この桜アイテムにメッセージを書くことも出来ますので、ひとこと添えてお渡しするのもオススメです。そして、この「お祝い用紅白かるかん」はネットでも注文が可能なので、県外の方で興味がある方はこちらをチェックして下さい。

→【お祝い用紅白かるかん

 

今年度も気合いを入れ、広報担当としてマルキヨ製菓のお菓子を広く宣伝するため頑張りたいと思います!

 

今回はこの辺で。

 

mozu08

 

ブログランキング参加中です。よかったらポチッとお願いします。

 ↓

br_c_3110_1

沖縄 ブログランキングへ

商品取り扱い店舗

  • ・タウンプラザかねひで
  • ・イオン琉球㈱
  • ・リウボウストアー
  • ・㈱丸大
  • ・㈱サンエー
  • ・ユニオン
  • ・コープおきなわ
  • ・JAおきなわAコープ
  • ・野原食堂(宮古島)
  • (順位不同)

※工場でもご購入可能です。毎日製造する商品は異なりますので、事前にお問合わせください。

ご注文・お問合せはこちら 下記の電話番号・お問合せフォームからお気軽にお問合せください。 お問合せフォーム 098-878-8583

マルキヨ製菓通信販売

商品取り扱い店舗

  • タウンプラザかねひで
  • イオン琉球㈱
  • リウボウストアー
  • ㈱丸大
  • ㈱サンエー
  • ユニオン
  • コープおきなわ
  • JAおきなわAコープ
  • 野原食堂(宮古島)