スタッフブログ

旧暦1月16日はジュウルクニチー

2021年02月19日

 
こんにちは、マルキヨ製菓広報担当の仲宗根です。昨日はすごく寒かったですね。今日も少し寒いですが、お昼には太陽の光が出ていて、それを浴びるだけでも暖かいです。明日以降はもっと気温が上がるので、寒いのが苦手な人は何とか今日を乗り切りましょう。
 
今週も忙しい1週間となっているマルキヨ製菓。来週の土曜日にやってくるジュウルクニチーという行事のため、毎日お供え用のお菓子を作り続けています。
 
毎年の事ではありますが、この時期は「ジュウルクニチー」という行事についてお話ししたいと思います。この行事がどんなものかピンと来ない方は、今のうちしっかりチェックしておきましょう。
 

あの世の正月

「ジュウルクニチー」は、よく「グソー(あの世)の正月」と言われます。旧暦の1月16日に行われる事から「ジュウルクニチー」と言いますが、今年(2021年)は、新暦で2月27日(土)となっています。
 
まずは旧暦の1月14日(あるいは15日)について。この日は「ソーグヮチグワァー(小正月)」とよび、「生きている人達の正月は終わり」とされる日になります。
 
正月飾り等を片付け、仏壇に「今日で私たちの正月は終わりました」と報告し、通常の生活に戻るわけです。
 
この「生きている人達の正月」の期間は、神様が地上に戻ってくる期間でもあります。例えば1月4日に行われる【ヒヌカンウンケ-(火の神迎え)】という行事では、天から家庭へ降りてくるヒヌカンを丁重にもてなし、慎んだ行動をとらなければなりません。
 
それゆえ、実はこの旧正月の期間は先祖の墓参りもNGとなっているのです。「生きている人達の正月」が終わった後、1月16日からはようやく先祖の墓参りが許される事になります。
 
「ジュウルクニチー(十六日祭)」は「グソーの正月」「仏の正月」とも言われます。いわゆる「あの世の正月」ということで、「グソーヌショウグヮチ」と呼んだりもするのです。
 
「ジュウルクニチー(十六日祭)」には墓参りをしたり、仏壇に線香をあげ、ご先祖様に向けて手を合わせたりします。
 

北部や離島はシーミーよりジュウルクニチー

ご先祖様に手を合わせる行事はいくつかあります。代表的なのが「旧盆」や「シーミー」など。実は沖縄本島北部や宮古・八重山などの地域では「シーミー」よりも、「ジュウルクニチー(十六日祭)」の方を盛大に執り行う所が多いと言われています。
 
「シーミー」は首里を中心に広まった行事なので、首里に近い地域ほど「シーミー」の方を盛大に祝いますが、首里から遠い地域へ行くほど、その行事の浸透率が低くなります。ちなみにこれは「シーミー」に限った事でなく、首里発祥の行事でよく見られる傾向です。
 
例えば本島南部の糸満あたりでは「ジュウルクニチー」の日、先祖の墓に一族で参拝し、酒や肴を供えウチカビ(あの世のお金)を燃やし、歌や三線(サンシン)などで先祖の霊を慰めたりする所もあります。
 
地域や家庭によって、行事の執り行い方など細かい違いはありますが、ジュウルクニチーでしっかりご先祖様に手を合わせる家庭はとても多いのです。
 
宮古や八重山では、「ジュウルクニチー(十六日祭)」の日だけは地元に戻って、仏壇に手を合わせたり、家族や友達と親交を深めたりする人も多いと言われています。
 
ただ、今年はコロナウィルスの影響により、離島へ移動する人は例年よりかなり減少するだろうと予想されています。
 
首里に近い地域ほど

   「ジュウルクニチー(十六日祭)」 < 「シーミー」

首里から遠い地域ほど

   「ジュウルクニチー(十六日祭)」 > 「シーミー」

となるわけです。小さな島国沖縄ですが、祝う行事に差があるのはなんとも不思議ですね。私の周りにも「シーミーはやらないけど、ジュウルクニチーはやる」という方もいますよ。
 
沖縄本島では仏壇に手を合わせ拝む所が多いですが、ミーサ(新仏・1年以内に亡くなった人)のあった家庭では、親族が集まり料理を墓前に供えたりします。
 
ミーサを迎える最初の「ジュウルクニチー(十六日祭)」を特に「ミージュウルクニチー(新十六日祭)」と呼びます。
 

行事用お菓子

ジュウルクニチー用のお菓子一覧です。ただし、この写真にないものもあります。

shouhin02shouhin03shouhin04shouhin05
 
次回のブログでは、これら行事用お菓子の中からいくつかを紹介する予定です。お見逃し無く!
 
現在、ジュウルクニチー用お菓子の製造でスタッフ一同フル回転のマルキヨ製菓ですが、この行事が終わるとすぐに「ひな祭り」がやってきます。マルキヨ製菓は「ひな祭り」用のお菓子である「さくら餅」も作りますので、まだまだ息をつく間がありません。
 
「ひな祭り」の後には春彼岸やシーミーも控えています。毎回「忙しい」と言ってはいますが、本当に忙しくしております。2021年も沖縄の行事を支えるため、誠実に頑張ります。
 
店頭でマルキヨ製菓のお菓子を見かけた時、手に取っていただければ幸いです。
 
今回はこの辺で。

 

平日は毎日更新。Facebookもよろしくお願いします。

⇒【マルキヨ製菓:Facebook

mozu08

 

ブログランキング参加中です。よかったらポチッとお願いします。

 ↓

br_c_3110_1

沖縄 ブログランキングへ

商品取り扱い店舗

  • ・タウンプラザかねひで
  • ・イオン琉球㈱
  • ・リウボウストアー
  • ・㈱丸大
  • ・㈱サンエー
  • ・ユニオン
  • ・コープおきなわ
  • ・JAおきなわAコープ
  • ・野原食堂(宮古島)
  • (順位不同)

※工場でもご購入可能です。毎日製造する商品は異なりますので、事前にお問合わせください。

ご注文・お問合せはこちら 下記の電話番号・お問合せフォームからお気軽にお問合せください。 お問合せフォーム 098-878-8583

マルキヨ製菓通信販売

商品取り扱い店舗

  • タウンプラザかねひで
  • イオン琉球㈱
  • リウボウストアー
  • ㈱丸大
  • ㈱サンエー
  • ユニオン
  • コープおきなわ
  • JAおきなわAコープ
  • 野原食堂(宮古島)