スタッフブログ

ウチャヌク&タンナウチャヌク

2022年09月2日

22_0902_17

こんにちは、マルキヨ製菓広報担当の仲宗根です。沖縄本島に関して言えば、台風の影響はさほどなかったと言えるでしょう。今日は朝から気持ちよく晴れていますし、昨日も「ちょっと風が強い」「たまに雨が降る」程度でした。

 

再び北上する台風ですが、沖縄本島よりかなり西側を通るので、明日明後日の土日も、さほど影響はなさそうです。念のため台風対策はしておきましたが、来ないにこしたことはありませんね。

 

さて、来週は【シバサシ】という、沖縄特有の行事がやってきますので、今回はその行事用のお菓子であるウチャヌクを紹介したいと思います。

 

シバサシ

シバサシとは、簡単に言えば魔除けの行事になります。今日は新暦の9月2日ですが、旧暦だと8月7日になります。沖縄では旧暦8月の上旬にはマジムン(妖怪や悪いもの)が現れやすい時期とされていて、いくつか魔除けの行事が存在します。

 

「シバサシ」は、家の四隅に「サン」と呼ばれる、ススキや桑の枝で作られた柴(シバ)をさします。このシバはマジムン除けの効力があるとされ、家の周りにさすことで、悪いもの(マジムン)が家の中に入ってこないようにするというわけです。

 

沖縄で何か悪い事があると「ウガンブスク」(ご先祖様に対する拝みが足りない)「マジムンのせい」と言われます。旧盆などでしっかりご先祖様に手を合わせ、シバサシを家の周りに配置すれば、マジムン対策としては十分でしょう。

 

シバサシにまつわる伝説などは、こちらからご確認下さい。

⇒【シバサシ

 

ウチャヌク

沖縄では家を守っている神様「ヒヌカン」がいます。シバをさしてマジムンをよせつけないようにし、ヒヌカンに手を合わせれば、沖縄版の万全なセキュリティになることでしょう。そのヒヌカンにお供えするお菓子が

22_0902_01b

「ウチャヌク」です。左が通常のウチャヌク、右がマルキヨ製菓オリジナルの「タンナウチャヌク」になります。まずはこちら

22_0902_02b

通常の「ウチャヌク」から紹介しましょう。白いウチャヌクには「砂糖無し」と「砂糖入」の2種類がありますが、今回は「砂糖無し」の方をピックアップします。

22_0902_04

外の包みをとり、開封です。砂糖は入っていませんが、開封直後は、お餅特有の香りがします。説明は難しいですが、かいだ瞬間「あ、餅だ」と分かる香りですよ。

22_0902_05

お皿にのせました。この3段重ねを3つ重ねるのが基本です。今回は写真を撮るために、3段を詰めていますが、実際は横に広がるように、ソーシャルディスタンスでヒヌカンに向けて配置します。本来、お供えするのは9個のお餅になりますが

22_0902_06

ウチャヌクは10個入り。この10個めのお餅は「ウチジフェーシ」と呼ばれ、9個のウチャヌクをお供えしてしばらく経ったあと、中央の上の1個をそれと取り替えることで、お供え物を新しくしたとみなすのです。

 

「ウチジフェーシ」は昔からある沖縄の作法の1つ。覚えておくといいでしょう。それでは、1ついただいてみましょう。いわゆるプレーンのお餅なので、甘さなどはありませんが、美味しいです。

22_0902_07

昔は味がないお餅に物足りなさを感じていましたが、今は通常のお餅も美味しいと感じるようになってきました。年齢がそうさせるのでしょうか?

22_0902_09

マルキヨ製菓のお餅は噛み切りやすい生地で、ノドにつまる危険を軽減しています。非常に食べやすとはいえ油断は禁物。餅は餅なので、ノドに詰まる事が無いよう注意して食べて下さい。

22_0902_08

下の段が大きめ、上の段が小さめのお餅になっていますので、お腹のすき具合に応じて、好みのサイズを食べるといいでしょう。美味しいからといって、食べ過ぎには注意です。と言いつつ、次のタンナウチャヌクがあるのに大・中・小、3個のお餅を食べてしまいました。

 

タンナウチャヌク

お次はこちら

22_0902_03

「タンナウチャヌク」を紹介します。名前の通り、タンナファクルーで出来たウチャヌクですよ。

22_0902_10

1番外の包みを取っただけで、黒糖の甘い香りが漂ってきました。そう、こちらは「砂糖無しウチャヌク」とは違い、黒糖が原材料にあるため、甘いウチャヌクなのです。

22_0902_11

最後の包みを取ると、黒糖の甘い香りがMAXで非常に食欲をそそります。そして、本来のタンナファクルーよりは、やや小さめのものが10個お目見えします。

22_0902_12

琉球菓子の1つタンナファクルー。琉球王朝御用達の高級菓子「コンペン」に対抗して、安価で誰でも食べやすいお菓子として考案されたものです。その考案者が色黒(クルー)の玉那覇(タンナファ)さんという事で「タンナファクルー」という名称になっています。

22_0902_13

ちゃんとウチジフェーシもある「タンナウチャヌク」、いただきます。お餅に比べて、かなり噛み応えがあり、歯ごたえ十分。噛めば噛むほど、生地に染みこんでいるたっぷりの黒糖味があぶれだし、それが非常に美味しいです。

22_0902_14

砂糖無しウチャヌクとは違い、ノドに詰まる心配はないと思いますが、その噛み応えにアゴが疲れるかもしれません。沖縄の人に馴染みのある黒糖味ですから、いくらでも食べられるかなと思います。

 

賞味期限とお値段

今回紹介した2つのウチャヌクですが

22_0902_02b

「砂糖無しウチャヌク」は10個のお餅が入って、税込692円

22_0902_03

「タンナウチャヌク」は10個のタンナファクルーが入って税込432円。どちらのウチャヌクも賞味期限については、ラベルに印字された日付けをご確認下さい。開封後は賞味期限によらず、お早めにお召し上がり下さい。

22_0902_15

どちらも保存の際は高温多湿の場所、直射日光の当たる場所は避けて保存して下さい。また、砂糖無しウチャヌクは食べる際にノドに詰まらせる事がないよう、十分に気をつけて下さい。

22_0902_16

沖縄県内各スーパーにて絶賛販売中です。来週月曜日のシバサシに向け、マルキヨ製菓のウチャヌクをよろしくお願いします。

 

さぁ、気がつけば9月に入っていました。今月はシバサシ、十五夜、秋彼岸と3つの行事がやってきますので、頑張りどころのマルキヨ製菓です。

 

まずは来週のシバサシに向け、しっかりウチャヌクを用意したいと思います。今月は先月より暑さが和らぎ、働きやすくなる事を期待して、今日も頑張ります!

 

今回はこの辺で。

 

平日は毎日更新。Facebookもよろしくお願いします。

⇒【マルキヨ製菓:Facebook

mozu08

 

ブログランキング参加中です。よかったらポチッとお願いします。

 ↓

br_c_3110_1

沖縄 ブログランキングへ

商品取り扱い店舗

  • ・タウンプラザかねひで
  • ・イオン琉球㈱
  • ・リウボウストアー
  • ・㈱丸大
  • ・㈱サンエー
  • ・ユニオン
  • ・コープおきなわ
  • ・JAおきなわAコープ
  • ・野原食堂(宮古島)
  • (順位不同)

※工場でもご購入可能です。毎日製造する商品は異なりますので、事前にお問合わせください。

ご注文・お問合せはこちら 下記の電話番号・お問合せフォームからお気軽にお問合せください。 お問合せフォーム 098-878-8583

マルキヨ製菓通信販売

最新の記事

商品取り扱い店舗

  • タウンプラザかねひで
  • イオン琉球㈱
  • リウボウストアー
  • ㈱丸大
  • ㈱サンエー
  • ユニオン
  • コープおきなわ
  • JAおきなわAコープ
  • 野原食堂(宮古島)