スタッフブログ

「みたらし団子」と「甘ふちゃぎ」

2022年09月9日

22_0909_15

こんにちは、マルキヨ製菓広報担当の仲宗根です。今日は朝から非常にいい天気! あちらを向くと青空が広がり、反対を向くと青空の中にモクモク雲がたくさん広がっていたりして、まだまだ真夏の風景といった感じの沖縄です。

 

今週の序盤はけっこう天気が悪かったですが、週末に向けて晴れたのは大きいですね。なぜなら、明日は【十五夜】だからです。中秋の名月(あるいは仲秋の名月)と言われる美しい満月を、明日の夜はしっかり眺められることでしょう。

 

十五夜に関しては、前回のブログを是非、チェックして下さい。

⇒【十五夜

 

今回のブログでは、マルキヨ製菓がリリースする十五夜用の

22_0909_01

これらのお菓子を紹介します!

 

みたらし団子

毎年、十五夜の時期に紹介しているお菓子ですが、2022年バージョンという事で、気持ち新たに紹介していきましょう。1つ目はこちら

22_0909_03

「みたらし団子」です。私も大好物で、毎年これを食べるのが楽しみで仕事を頑張っているという感じです。

22_0909_04

一番外の包みを取っただけで、甘い香りがただよってきます。

22_0909_05

パッケージをオープンすると、砂糖醤油の甘い香りが鼻腔から侵入し、ものすごく食欲をかき立ててきます。この香りだけで「間違いなく美味しい」という確信を持ってしまいます。

22_0909_06

「みたらし団子」は漢字では「御手洗団子」と表記されます。京都にある有名な下鴨神社【正式名称は賀茂御祖(かもみおや)神社】で「御手洗(みたらし)祭」という祭りが行われますが、その時にお供えされた串団子が起源となっています。

 

お団子と砂糖醤油のタレの組み合わせは誰が開発したのかは知りませんが、間違いなく最高に美味しい組み合わせ。団子にしっかりとからみついた砂糖醤油のタレは見た目だけでも美味しそうですよね。

22_0909_07

それでは、2022年バージョンのみたらし団子、いただきます。団子の歯ごたえを堪能しつつ、噛むたびに口の中に広がる砂糖醤油の濃厚な甘さが、食べる者を幸せにしてくれること間違いなしです。

 

十五夜で食べる団子は「月」を表したもの。月に見立てた団子を食べると「健康や幸せが得られる」と言われていますので、食べ過ぎには気をつけながら、食べられる分はどんどん食べましょう。

22_0909_08

あまりに美味しすぎて、写真に写っている2串、さらに残ったもう1串もいただきました。この美味しさですから、期間限定でなく1年中食べていたいお菓子だと思えるほど美味しいです!

 

甘ふちゃぎ

お次はこちら

22_0909_02

「甘ふちゃぎ」を紹介しましょう。マルキヨ製菓はもう1つ、甘くない方の「ふちゃぎ」もリリースしていますが、個人的にこの「甘ふちゃぎ」が大好きなので、こちらの方を紹介させていただきます。

22_0909_09

ひらがなで「ふちゃぎ」と紹介される事が多いこのお菓子、正式には「吹上餅」と書いて「ふちゃぎ」や「ふちゃぎもち」と呼ばれているお菓子です。

22_0909_10

この商品の最大の特徴は、餅の周りにびっしりくっついている小さな豆。初めて見る人は間違いなく強い衝撃を受けるでしょう。正直、この見た目で敬遠する人がいるのも事実です。

 

ただ、このびっしりくっついている豆にはちゃんと意味があるのです。まず、十五夜でよく食べられる団子やお餅ですが、これらは「月」をイメージしています。そして

22_0909_11

餅の周りにびっしりとくっつけられた小豆は、「月の周りに見える星々」を表していると言われています。あるいは「餅は母親を表しており、小豆は子供を表している」とも言われています。

 

たくさんの小豆は「子だくさん」を連想させ、それすなわち「子孫繁栄」につながるという意味を持っているのです。なので、お餅の周りについた大量の小豆は「子孫繁栄という願いが込められているんだな」と理解して下さい。

22_0909_12

そでは小豆の意味もわかった事だし、いただきます。井戸田潤も叫ぶであろう「あま~い!」お餅。餅も軟らかく食べやすいし、やはりこの甘さが美味しいと感じるポイントですね。

 

餅自体が甘いのですが、実は小さな豆たちも甘いのです。このまぶされている小さな豆は甘納豆を使用しており、それ単独でも甘いのです。

22_0909_13

餅も豆も甘いのですが、全体的にはしつこい甘さではなく後味もスッキリ。気がつけば2個の「ふちゃぎ」をペロリと食べていました。3個の「みたらし団子」を食べた後にですよ。それだけ、美味しい「甘ふちゃぎ」というわけです。

22_0909_14

「みたらし団子」同様、この時期にしか食べられないのがもったいないぐらいの商品だと思います。

 

お値段他

今回紹介した

22_0909_03

「みたらし団子」は1串4個の団子がささったものが3本入りで税込価格162円。賞味期限はラベルに印字されている日付をご確認下さい。

22_0909_02

「甘ふちゃぎ」は小豆がたっぷりかかったお餅が5個入って、税込価格円486円となっています。こちらも賞味期限はラベルに印字されている日付をご確認下さい。

22_0909_15

保存の際は高温多湿の場所・直射日光の当たる場所は避けて下さい。お餅や団子ですので、ノドに詰まらせないよう十分気をつけてお召し上がり下さい。

22_0909_16

いずれも十五夜の時期にしか販売されない期間限定商品となっています。ここを逃すと次に食べられるのは来年になってしまますので、是非、お買い求めいただけたらと思います!

 

新たな台風も沖縄方面に向かっているそうですが、明日は晴れ。明日の十五夜は是非、これらのお菓子を食べながら美しい満月を眺めて下さいね。

 

今週の月曜日には「シバサシ」という行事があり、明日は「十五夜」という行事があります。そして約2週間後には「秋彼岸」という行事がやってきます。

 

行事がたくさんで忙しい9月のマルキヨ製菓。1つ1つの行事に対して、丁寧に対応していきたいと思います。沖縄の行事を支えるマルキヨ製菓を、今後ともよろしくお願いします。

 

今回はこの辺で。

 

平日は毎日更新。Facebookもよろしくお願いします。

⇒【マルキヨ製菓:Facebook

mozu08

 

ブログランキング参加中です。よかったらポチッとお願いします。

 ↓

br_c_3110_1

沖縄 ブログランキングへ

商品取り扱い店舗

  • ・タウンプラザかねひで
  • ・イオン琉球㈱
  • ・リウボウストアー
  • ・㈱丸大
  • ・㈱サンエー
  • ・ユニオン
  • ・コープおきなわ
  • ・JAおきなわAコープ
  • ・野原食堂(宮古島)
  • (順位不同)

※工場でもご購入可能です。毎日製造する商品は異なりますので、事前にお問合わせください。

ご注文・お問合せはこちら 下記の電話番号・お問合せフォームからお気軽にお問合せください。 お問合せフォーム 098-878-8583

マルキヨ製菓通信販売

最新の記事

商品取り扱い店舗

  • タウンプラザかねひで
  • イオン琉球㈱
  • リウボウストアー
  • ㈱丸大
  • ㈱サンエー
  • ユニオン
  • コープおきなわ
  • JAおきなわAコープ
  • 野原食堂(宮古島)