スタッフブログ

アップルパイ(ホール)

2022年11月25日

22_1125_06

こんにちは、マルキヨ製菓広報担当の仲宗根です。ここ数日は雨が降ったりやんだりを繰り返している沖縄。今日も朝からどんより雲が空を覆う薄暗い天気で、昼過ぎになっても薄暗いままです。

 

さらに今日は風も強く、少し荒れた天気となっています。雨降りで傘をさしても、風で吹き飛ばされそうになったり、傘の一部が破損したりするかもしれません。外出の際は雨風に十分気をつけて行きましょう。

 

さて、今日は1つ「マルキヨ製菓オススメお菓子」を紹介したいと思います。食欲の秋という事で、がっつり系お菓子である

22_1125_01

アップルパイ(ホール)を紹介します!

 

アップルパイ(ホール)

マルキヨ製菓の

22_1125_01

アップルパイ(ホール)はズッシリと重量感があり、食べ応え十分のお菓子です。さっそく開封してみましょう。

22_1125_02

パッケージには最初から切れ目が入っていますので、そこを目安に開封して下さい。

22_1125_03

独特の編み目模様の生地、その隙間から見えるアップルの果肉が実に美味しそうです。鼻を近づけると、そのアップルの甘い香りが漂ってきますよ。

22_1125_04

お皿にのせてみました。ちょっとお皿が小さかったですが、気にしないで下さい。このままかぶりつきたい衝動もありますが

22_1125_05

6等分してみました。6等分か8等分あたりが、ちょうどいいかなと思います。

22_1125_07

見て下さい。あふれんばかりのアップルの果肉を。食べる前から美味しさが伝わってくると思います。それではいただきます!

22_1125_08

まず、独特の編み目の生地ですが、しっとりしていて少し甘く、これだけでも美味しいです。

22_1125_09

そして、ガツンとやってくるアップルの果肉。これが濃厚なアップルの味わいで、とっても甘く、生地との相性も抜群です。

22_1125_10

何より、生地より厚みのあるアップルの果肉が口の中に広がり、その甘さ美味しさをすみずみまで届けてくれます。この美味しさは疲れも吹き飛ばしてくれることでしょう。

22_1125_06

ヤバいと思ったことが1つ。「この美味しさなら、一気に1人で1ホール食べてしまえる」と思ったこと。最近、久しぶりに体重計にのったら大変な事になっていたので、自重しなければなりません。

 

非常に濃厚な甘さなので、お子様や甘党の方がより好みそうな味だなと思います。ホールなので是非、家族でシェアして食べて欲しいですね。

 

ホットアップルパイ

今回紹介しているアップルパイは、レンジでチンして食べる事も推奨します。レンジで15秒温め

22_1125_11

アチコーコーにしたアップルパイがこちら。いわゆるホットアップルパイですね。常温との違いはまず、生地が柔らかくなっている事。なので、手に持つ時は形が崩れないように少し注意を払いましょう。

22_1125_12

アチコーコーになったアップルの果肉は、さらに濃厚な甘さとなっているため、それが口の中に広がると、常温よりアップルの味を強く堪能できますよ。

22_1125_13

写真の通り、ただでさえあふれんばかりのアップルが、アチコーコーになりより甘さ美味しさを増して口の中に広がっていくわけですから、それはもう至福の時と言えるでしょう。私も絶対、アチコーコーにして食べます。

 

沖縄はまだ寒いといえるような日はきていませんが、これから先、もっと気温が落ちて寒くなれば、このアチコーコーアップルパイはより美味しく感じる事間違い無しです。

 

「何よりレンジで15秒チンするだけ」という簡単ひと手間ですから、皆さんにも是非、実践して欲しいですね。さて、今回実は2ホール分のアップルパイを用意しています。もう1ホールは何に使うかといいますと…

 

冷凍アップルパイ

1ホールまるごと

22_1125_14

冷凍庫で一晩ねかせてみました。いつもは切り分けた2ピースぐらいをラップでくるんで冷凍しますが、今回はホールごと冷凍してみました。

 

経験上、冷蔵だと切り分けて食べる間に、ほぼ常温近くに戻ってしまうため、冷蔵よりは冷凍の方がきっちり冷たくなってくれるのです。

22_1125_15

ただ、冷凍するとカッチカチになって「食べられないのでは?」という心配があると思います。ですが、そこは心配ご無用。これまで、何度か実験した結果、15~20分程度の自然解凍で美味しく食べられる事は実証済みです。

22_1125_16

ホール単位で冷凍させた事は無いので、今回は「ホールで冷凍しても15~20分程度の自然解凍で美味しく食べられるのか?」を確かめたいと思います。

22_1125_17

常温に比べると多少の抵抗はありましたが、包丁で切り分ける事は普通に出来ます。生地の中のアップルの果肉が白くなっているのがわかりますね。

22_1125_18

こちらも6等分に切り分け、いただくことにしましょう。

22_1125_20

写真撮影したり、切り分けたりしている間に、中のアップルの白い部分が消えていきます。自然解凍が進んでいる証拠ですね。これならもう食べられるでしょう。いただきます!

22_1125_21

生地はサックリしていて、中のアップルも含めてカチコチには全くなっていませんでした。簡単に噛み切る事が出来て、何よりアップルがヒンヤリしていて心地いいです。甘さもしっかりしていて、とても美味しいです。

22_1125_22

今日はいつもより気温が低い沖縄ですが、30度ぐらいの暑い日に食べると、より美味しく感じられるかなと思いました。冷凍庫で一晩ねかせても、20分程度の自然解凍で、とっても美味しく食べられる事を実証できました。

22_1125_19

生地の状態が、常温だとしっとり、アチコーコーにすると柔らかく崩れやすい、冷凍すると型崩れしにくくサックリと、食感が全て異なりました。中のアップルはアチコーコーが1番甘く、次に常温、そして冷やすとやや甘さが抑えられる印象です。

 

その日の天候や気分によって、どれが美味しいというのは変わるでしょう。今日の私なら、冷凍アップルパイが1番美味しいと感じました。1月の寒い時期になるとアチコーコーアップルパイが1番美味しいと感じるかなと思います。

 

常温、アチコーコー、冷凍と3つのアップルパイを堪能しました。1ホール分はまるまる食べてしまいましたので、雨がやんだらたくさん歩こうと思います。

 

スーパーでマルキヨ製菓のアップルパイを見つけたら是非、手にとって下さい。常温で食べたり、アチコーコーにしたり、冷凍したり。お好みの食べ方で美味しさを堪能していただけたらと思います。

 

今回はこの辺で。

 

平日は毎日更新。Facebookもよろしくお願いします。

⇒【マルキヨ製菓:Facebook

mozu08

 

ブログランキング参加中です。よかったらポチッとお願いします。

 ↓

br_c_3110_1

沖縄 ブログランキングへ

商品取り扱い店舗

  • ・タウンプラザかねひで
  • ・イオン琉球㈱
  • ・リウボウストアー
  • ・㈱丸大
  • ・㈱サンエー
  • ・ユニオン
  • ・コープおきなわ
  • ・JAおきなわAコープ
  • ・野原食堂(宮古島)
  • (順位不同)

※工場でもご購入可能です。毎日製造する商品は異なりますので、事前にお問合わせください。

ご注文・お問合せはこちら 下記の電話番号・お問合せフォームからお気軽にお問合せください。 お問合せフォーム 098-878-8583

マルキヨ製菓通信販売

商品取り扱い店舗

  • タウンプラザかねひで
  • イオン琉球㈱
  • リウボウストアー
  • ㈱丸大
  • ㈱サンエー
  • ユニオン
  • コープおきなわ
  • JAおきなわAコープ
  • 野原食堂(宮古島)