スタッフブログ

月にまつわるエトセトラ

2015年06月11日

こんにちは、ブログ担当の仲宗根です。今週は、毎日暑いですね。正直、クーラーのきく部屋から出たくありません。笑

 

天気が良い日の夜は、星がよく見えます。先日、夜10時過ぎに星を見ながら歩いていると、小さな段差でつまづき、転びそうになりました。

 

古代ギリシァの哲学者タレス(歴史上、最初の哲学者とも言われます)が、星の観測に夢中になり、穴に落ちてしまったエピソードを思い出しました。近くにいた女性に「あなたは星の事はよくわかっていても、自分の足下の事はわからないのね」と笑われたと伝わっています。

 

紀元前の昔から、人を魅了してきた天体の代表と言えば「太陽」と「月」です。「太陽」の話はまた、いつかやるとして… 今回は、先週に続いて「月」にまつわるお話しをしてみたいと思います。

 

太陽の周りを回る地球(惑星)、そして地球の周りを回る月(衛星)ですが、正確には地球と月の共通重心の周りをお互いに回っています。太陽と地球も、地球が太陽の周りを回ってるのではなく、太陽と地球の共通重心の周りを2つの天体が回っているのです。ただ、地球が100万個以上も入るほどの大きさの太陽ですから、その共通重心は太陽にかなり近い位置にあり、地球が太陽の周りを回っているというイメージになるでしょう。

 

月は地球の4分の1ほどの大きさで、地球に近い側の共通重心を、地球と月がぐるぐる回っています。月と地球が両手を取り合って、お互いにグルグルと回ってるというイメージをして下さい。地球が月を引っ張ると同時に、月も地球を引っ張ってくれるおかげで、地球の「自転軸(地軸)」は安定していると言われています。

 

月という衛星がいなければ、地球の軸は不安定になり、極端な事をいえば、北極が赤道付近まで来たり、逆に赤道付近の地域が南極近くまで来たりという事が起こりえるのです。

 

月がなければ、地球は不安定な凸凹道をゴロゴロ回るイメージで、太陽に対して地球は短い時間で色んな面を向ける事になります。そうすると、どういう事が起こるか? 実は「季節」がなくなってしまうのです。

 

地軸(地球の自転の中心となる線)が太陽に対して安定していると、地球は太陽に向ける側が安定します。地球が得るエネルギーの起源は太陽からです。だから太陽の光が当たっている面の生き物や植物たちは、光を浴びて、その時期にあった姿形を見せるのです。

 

ゆっくりと時間をかけて、少しずつ太陽に向ける面が変わっていくので、太陽の恩恵を受けるもの達は、少しずつその時期・その時期にあった変化を見せていく事になります。動物なら、日照時間が少ないと冬眠するだろうし、作物なら太陽光のあたる量によって収穫時期も異なるし、花であれば美しく咲く時期があるでしょう。これが「季節の変化」です。

 

月がいないと、地軸が不安定になり、短い期間で太陽にあたる面がめまぐるしく変化していきます。そうすると上に示したような「四季の変化」というものが存在しなくなりますし、地球に生きる生命体・全ては、今のような進化もしてこなかったでしょう。

 

我々が「クーラーがないと、生きていけない」とか「そろそろ、サンマが食べたいなぁ」等、季節を意識した事を言えるのも、月のおかげなのです。マルキヨ製菓の「季節菓子」があるのも、実は月がいるからこそなんですね。笑

 

そんな月の大きな役割を知ってか知らずか、月を見る事で、色々な思いを馳せる人が多いようです。例えば…

 

【この世をば 我が世とぞ思ふ 望月の 欠けたることの 無しと思へば】

 

平安時代、貴族としての頂点を極めた藤原道長(ふじわらのみちなが)の詠んだ句です。「望月」というのは「満月」の事で、「この世は自分のためにある。満月のように欠けるものなど、何もない」と自画自賛をしている句です。

 

【天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に いでし月かも】

 

こちらは奈良時代、阿倍仲麻呂(あべのなかまろ)が詠んだ句で、百人一首にも採用されています。遣唐使として唐に渡り、世界最難関と言われる「科挙(かきょ)」という試験に、日本人として初めて合格した阿倍仲麻呂。玄宗皇帝の有能な側近として活躍するも、有能すぎて日本への帰国をゆるされませんでした。帰国を願い出て20年、ようやく帰国がゆるされた時に詠んだのが上の句です。

 

「(今、中国で)見ている月は、昔、ふるさとの(奈良の)春日の三笠山で見た月のように美しい」という意味です。実は、阿倍仲麻呂は帰国するために乗った船が流されてしまい、結局、日本に帰る願いは叶いませんでしたが…。

 

八月の十五夜の月が琵琶湖に映るのを見て【源氏物語】の執筆を開始したと言われるエピソードがある紫式部。世界的にも評価の高い、日本の文学作品が生まれるきっかけの1つが「月」というのも、面白いですね。

 

今も昔も、地球を安定させ、人の心を揺さぶっている月。地球の四季を生み出し、多くの名句を生み出してきた月。仕事や勉強に忙しい毎日を送ってる人も、余裕のある人も… たまには、月を眺めてリラックスしてみてはいかがでしょう?

 

今回はこの辺で。

 

mozu08

 

ブログランキング参加中です。よかったらポチッとお願いします。
 ↓

br_c_3110_1

沖縄 ブログランキングへ

商品取り扱い店舗

  • ・タウンプラザかねひで
  • ・イオン琉球㈱
  • ・リウボウストアー
  • ・㈱丸大
  • ・㈱サンエー
  • ・ユニオン
  • ・コープおきなわ
  • ・JAおきなわAコープ
  • ・野原食堂(宮古島)
  • (順位不同)

※工場でもご購入可能です。毎日製造する商品は異なりますので、事前にお問合わせください。

ご注文・お問合せはこちら 下記の電話番号・お問合せフォームからお気軽にお問合せください。 お問合せフォーム 098-878-8583

マルキヨ製菓通信販売

商品取り扱い店舗

  • タウンプラザかねひで
  • イオン琉球㈱
  • リウボウストアー
  • ㈱丸大
  • ㈱サンエー
  • ユニオン
  • コープおきなわ
  • JAおきなわAコープ
  • 野原食堂(宮古島)