スタッフブログ

秋彼岸

2019年09月19日

こんにちは、マルキヨ製菓広報担当の仲宗根です。昨日は小雨が時々パラつき、今日も微妙な天気の沖縄です。太陽はまあまあ顔を覗かせているのですが、先ほど弁当を買いに外へ出たら小雨が降ってきました。なんとも微妙な天気です。
 
9月最後の行事「秋彼岸」がやってくるので、何とか晴れて欲しいのですが・・・。
 

映画「天気の子」にも出てきた「彼岸」

 
最近、映画「天気の子」を見てきました。「君の名は」同様、新海誠監督の世界観が素晴らしく、非常に面白い映画でした。
 
この映画には「彼岸」が出てきます。行事としての彼岸だけでなく、別世界としての「彼岸」です。あまりネタバレはしたくないので、どの場面で「彼岸」の世界が出てくるのか、どのように描かれているのか、劇場でご覧下さい。
 

彼岸は年に2回

 
彼岸と言えば、どちらかと言えば春に行う「春彼岸」をイメージする人が多いかもしれませんね。しかし彼岸は年に2回。「春分の日」「秋分の日」を中日(なかび)とする前後3日、合計7日間が「お彼岸の期間」となります。
 
「お彼岸」に関しては、このブログで何度も取り上げていますので、過去ブログから記事を抜粋して、この行事についての紹介とさせて頂きます。
 
~~~~~~(過去ブログより)~~~~~~
 
「春分」や「秋分」は、二十四節気(にじゅうしせっき)の1つです。二十四節気とは「1年を24等分し、その分割点に季節を表す名前をつけたもの」。1年を元にしているため、基準は太陽。すなわち我々が普段接している新暦の方で行う行事なんですね。
 
ちなみに「清明(シーミー)」も二十四節気の1つです。
 
次に「お彼岸の由来」について。「お彼岸」は仏事(ぶつじ)、すなわち仏教行事の1つになります。
 
まず「彼岸という言葉」についてですが、これはサンスクリット語(古代の東南アジアで使われていた言語)の「パーラーミター(波羅密多)」を漢訳した「至彼岸」に由来します。「パーラーミター」は「パーラム」(彼岸に)と「イタ」(至った)の混成語です。
 
「此岸(しがん)」という煩悩と迷いの世界があり、修行を重ねる事により「彼岸(ひがん)」という悟りの世界の境地へ達する事が出来る。
 
それが「パーラーミター」なのです。これを漢訳したのが「至彼岸(=彼岸の境地へ達する)」。「至彼岸」をさらに略して「彼岸」という言葉が日本では広まったのです。「彼岸」とは「悟りの境地に達した世界」という意味なんですね。
 
また「彼岸の時期」についてですが、昼と夜の長さが同じになる「春分」と「秋分」の日を中日とする前後3日間、この時期に仏様の供養をする事で、極楽浄土へ行く事が出来ると考えられているのですが、それにも理由があります。
 
仏教では彼岸(悟りの境地に達した世界)は西に、此岸(煩悩や迷いの世界・我々が普段いる世界)は東にあるとされています。春分・秋分の日は、太陽が真東から昇って真西に沈む日。この日は彼岸と此岸がもっとも通じやすくなると考えられ、先祖供養をするには最適な日となるのです。
 
「お彼岸の期間」の中でも「春分」「秋分」の日は、先祖に感謝する日。前後3日ずつの計6日間は、6つの徳である「六波羅蜜(ろくはらみつ)」を1日1つずつ修める日とされているそうです。そして、この時期に行う仏事を特に「彼岸会(ひがんえ)」と言うのです。
 
さらに面白い事に「お彼岸は仏事である」にもかかわらず、インドを始めとする仏教国において、一般の人はこの行事を行わないんです。それは何故でしょうか?
 
「彼岸」は、その言葉と共に中国から日本へ伝わりました。日本は古来からある「神道」に加え、お釈迦様の教えを説いた仏教も受け入れてきた歴史があります。「彼岸」は「日願」とも表し、太陽の神を信仰する「神道」と結びついて「日本におけるお彼岸」という行事が生まれた… というのが1つの説です。
 
さらには「春の種まき」「秋の収穫」など自然に対する感謝・祈願も、ご先祖様に感謝・祈願する事に結びつき、日本では大事な行事の1つになっていったと言われています。
 
仏事なのに「彼岸は、日本独特の行事」というのも不思議な話ですね。自分なりに「彼岸」をまとめてみますと… 
 
・春分の日、秋分の日は「ご先祖様に感謝する日」

・その前後3日ずつは「彼岸」という悟りの境地へ達するため、徳を積む期間

・日本の神道や自然に対する感謝なども含めた、日本独特の行事である
 
 といった感じでしょうか。奥が深い「彼岸」についてのお話でした。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 

現時点で、9月23日は晴れの予報

 
マルキヨ製菓は今週も大忙し。お彼岸に向けて、毎日たくさんのお菓子を作っていますよ。ただ、気になるのがお天気。雨が降ると、せっかく作ったお菓子の売り上げが落ちてしまいますから。
 
9月19日お昼12時現在の週間天気予報を確認しますと、なんてことでしょう、土日は暴風雨。行事用お菓子を作る業者にとってはかなりの痛手。
 
ただ、お彼岸当日にあたる23日は晴れの予報が出ているので、雨の日は出不精でも、お彼岸当日にたくさんのお客様が行事用お菓子を購入して頂けたらと思っています。
 
お彼岸の期間は1週間と長いですから、大雨の日もあれば晴れる日もある。なるべくお彼岸の期間中は晴れる事を祈って、今週・来週も頑張ります。次回ブログでは、お彼岸用のお菓子を紹介したいと思います。
 
「女心と秋の空」なんて言いますし、特に沖縄だとカタブイにやられちゃう事も多いですからね。

9030904b私のように、常にお気に入りの傘を携帯しておくといいでしょう。写真は、開くと夜空に星座が広がる傘で、しっかり愛用していますよ。
 
今回はこの辺で。

 

平日は毎日更新。Facebookもよろしくお願いします。

⇒【マルキヨ製菓:Facebook

mozu08

 

ブログランキング参加中です。よかったらポチッとお願いします。

 ↓

br_c_3110_1

沖縄 ブログランキングへ

商品取り扱い店舗

  • ・タウンプラザかねひで
  • ・イオン琉球㈱
  • ・リウボウストアー
  • ・㈱丸大
  • ・㈱サンエー
  • ・ユニオン
  • ・コープおきなわ
  • ・JAおきなわAコープ
  • ・野原食堂(宮古島)
  • (順位不同)

※工場でもご購入可能です。毎日製造する商品は異なりますので、事前にお問合わせください。

ご注文・お問合せはこちら 下記の電話番号・お問合せフォームからお気軽にお問合せください。 お問合せフォーム 098-878-8583

マルキヨ製菓通信販売

商品取り扱い店舗

  • タウンプラザかねひで
  • イオン琉球㈱
  • リウボウストアー
  • ㈱丸大
  • ㈱サンエー
  • ユニオン
  • コープおきなわ
  • JAおきなわAコープ
  • 野原食堂(宮古島)