スタッフブログ

母の日は、いかがお過ごしでしたか?

2019年05月13日

こんにちは、マルキヨ製菓広報担当の仲宗根です。今日は朝からすっごくいい天気です。出勤する時は気持ちいいんですが、ちょっと買い物で外を歩くと暑すぎるほど。室内では、クーラーが必要ですねぇ。

 

さて、今回は県外フェアに向けてたくさん製造している「あるお菓子」を紹介する予定でしたが、そのお菓子が全て発送されてしまうため、ブログ撮影用の商品がない状況です。

 

何千個も作って、それが1つも残さず県外へ飛びだつので、是非とも沖縄以外の人にもマルキヨ製菓のお菓子を堪能して頂きたいですね。

 

今週は、さらにそのお菓子を製造。余裕を持って作る予定ですので、1個2個は撮影に使えるお菓子が出るはず。なので、それが手に入った時、どんなお菓子が県外に飛びだったのかをブログで紹介したいと思います。

 

というわけで、今回のブログでは昨日終わってしまった「母の日」についてお話ししようかなと思います。

 

まず「母の日」の起源についてですが、これは諸説あります。古代ギリシャにおける神々の母「リーア」を称える祭という説や、キリスト教の行事の1つだという説等。

 

ただ、「母の日」が世界的に広まるきっかけとなったのは、今から約100年前のアメリカでの出来事だと言われています。

 

時は19世紀後半、アメリカにアン・ジャービスという女性がいました。彼女は敬虔なクリスチャンで知られ、「Mother’s Day Work Club」というボランティア団体を設立し、医療活動を行っていました。

 

1861年から1865年にかけて、アメリカでは南北戦争が行われましたが、アンは敵味方関係なく、傷ついた兵士達の治療・看護にあたりました。

 

当時の医療環境や衛生面は今とは比較にならないほど悪く、チフスなどが流行した事もあり、多くの人が命を落としました。アンには11人の子供がいましたが、成人出来たのはわずか4人だけです。

 

戦争で傷ついた人や、チフスなどの病で倒れた人をたくさん助け続けた「Mother’s Day Work Club」の活動は、全米でも賞賛され認められていましたが、それを主導したアンは、1905年5月9日にこの世を去りました。

 

生き残ったアンの子供4人の中には、娘のアンナがいました。心から母を尊敬していたアンナは、その死を深く悲しみました。そして、母親への感謝と敬愛の気持ちを何らかの形にしたいと考えました。

 

1907年5月12日(日曜日)、アンナは母の勤めていたフィラデルフィアの教会へ足を運び、偉大な母を偲ぶ会を開催。この時、母アンの好きだった、白いカーネーションを教会に贈ったのです。

 

そう。母の日にカーネーションを贈るというのは、このエピソードから来ているのです。

 

さらにその翌年の1908年の5月にも、アンナは教会を訪れ母を偲ぶ会を開くのですが、彼女の行動に共感した人が多く集まり、その日を「母の日」として祝う事にしたのです。

 

そして「生きている間に、母親へ感謝の気持ちを伝えよう」という事で、アンナを中心に「母親のための祝日」を設置する運動が展開されていきます。アンナの思いに賛同する人は年々増え、まずはウエストバージニア州で公式に「母の日」が制定されました。

 

さらにこの運動は全米で広まり、ついに1914年、当時のウィルソン大統領の時に、アメリカ連邦議会で「5月の第2日曜日を母の日とする」という法律が定められ、1915年に施行されたのです。

 

アメリカで「母の日」が制定された事で、今度はアメリカを飛び越え世界中に「母の日」が広まっていく事になりました。

 

ちなみに日本では1913年、アンナからメッセージを受けた青山学院において、「母の日」の礼拝が初めて行われたという記録があります。

 

そして1931年、「大日本連合婦人会」が結成され、当初「母の日は3月6日」(皇后の誕生日)と宣言しました。ただ、これは全国的に普及はしませんでした。

 

時が進み1937年5月、今度はお菓子業界から「森永製菓」が「第1回森永母の日大会」を開催したりもしますが、戦争が起こった事もあり、日本で母の日が定着するのは戦後になります。

 

戦後アメリカの統治下にあった日本は、1949年ごろからアメリカ同様「5月の第2日曜日」に「母の日」を祝うようになりました。これが今でも続く母の日となっているわけです。

 

先に述べた通り、アンナが白いカーネーションを亡き母に贈った事で、「母の日にカーネーションを贈る」という風習が広まるのですが、「白」は「故人に対して取り扱う色」という事で、生きている母親には赤を筆頭にピンクや黄色など、色とりどりのカーネーションを贈るのが一般的となっています。

 

皆さんは、昨日の母の日、いかがお過ごしでしたか? 私の所では家族でちょっと高めのコース料理を楽しみ、ちょっとしたプレゼントを母親に渡しましたよ。

 

アンナの「生きている母親へ感謝の気持ちを」というのは、非常に大事な事だと思いますので、「母の日」だけでなく「母親の誕生日」や「クリスマス」、そして「母に感謝する日」と定められている「子どもの日」など、是非、母親へ日頃の感謝を伝えて下さいね。

 

そういう特別な日だけでなく、普段何気ない日でも、たまには一緒に食事したり、どこか出かけたりしながら、「ありがとう」と伝えるのも素敵だと思いますよ。

 

最近はお菓子の写真が出てこない記事が続いたので、過去の美味しそうな写真を載せておきます。

DSCN1740

5112605

5110502

次回は、新しいお菓子の写真と共にお菓子紹介の記事を書く予定です。

 

今回はこの辺で。

 

平日は毎日更新。Facebookもよろしくお願いします。

⇒【マルキヨ製菓:Facebook

mozu08

 

ブログランキング参加中です。よかったらポチッとお願いします。

 ↓

br_c_3110_1

沖縄 ブログランキングへ

商品取り扱い店舗

  • ・タウンプラザかねひで
  • ・イオン琉球㈱
  • ・リウボウストアー
  • ・㈱丸大
  • ・㈱サンエー
  • ・ユニオン
  • ・コープおきなわ
  • ・JAおきなわAコープ
  • ・野原食堂(宮古島)
  • (順位不同)

※工場でもご購入可能です。毎日製造する商品は異なりますので、事前にお問合わせください。

ご注文・お問合せはこちら 下記の電話番号・お問合せフォームからお気軽にお問合せください。 お問合せフォーム 098-878-8583

マルキヨ製菓通信販売

商品取り扱い店舗

  • タウンプラザかねひで
  • イオン琉球㈱
  • リウボウストアー
  • ㈱丸大
  • ㈱サンエー
  • ユニオン
  • コープおきなわ
  • JAおきなわAコープ
  • 野原食堂(宮古島)