スタッフブログ

ひな祭り ~後編~

2019年02月28日

こんにちは、マルキヨ製菓広報担当の仲宗根です。今日で2月も終わり、明日からは3月です。そして3月3日にやってくるのが、ひな祭りですね。

 

前回のブログでは、ひな人形の由来についてお話ししました。みそぎの身代わりだったり、おままごとに使われた紙人形だったり、赤ん坊の守り役的存在である布製人形だったりと、色々なものが複合的にからんでいるようです。

⇒【 ひな祭り ~前編~ 】

 

今回も前回に引き続き、過去ブログの記事を加筆修正してひな祭りのお話しを続けたいと思います。

 

~~~~~~~~~~~~【過去ブログより】~~~~~~~~~~~~

 

前回のひな人形の由来については、平安時代ごろのお話になります。その時代はまだ、この行事が「女の子の日」というわけではありませんでした。

 

時代は進み、全国の有力武将達が覇権を争う戦国時代。織田信長や豊臣秀吉が天下に名をとどろかせた安土桃山時代を経て、日本の頂点に立った男が徳川家康。江戸幕府を開き、長きにわたる徳川将軍による江戸時代が始まります。

 

ひな壇に雛人形を飾るようになり、「ひな祭り」をお祝いするようになったのは江戸時代からと言われています。それ以前は「お祭り」ではなく、厄払いの行事でした。

 

江戸時代初期の1629年、京都の御所で盛大なひな祭りが行われたという記録があるそうです。大奥でもひな祭りが行われるようになり、それが下の位の者へと広がっていく事になります。

 

ひな壇に雛人形を飾るようになるのも江戸時代です。実は当初、学問の神様「菅原道真」の人形も飾るなど、女の子だけでなく男の子に対してもお祝いをしていました。

 

幕府により、「上巳(じょうし)の節句」が五節句の1つと定められると、「上巳の節句では女の子」「端午の節句では男の子」を祝う行事として、世の中に広まっていきます。

 

そして「ひな祭り」は、豪華に進化していきます。雛人形やひな祭りの道具を売る「雛市」と呼ばれる市が、江戸中にあらわれ非常に賑わいました。

 

雛人形や雛道具も多種多様になり、豪華なものも作って売られるようになります。幕府は、何度も「雛人形を豪華にする事を禁じる」お触れを出している事からも、いかに「ひな祭り」が市民の間でも盛り上がっていたかが分かります。

 

「雛飾りを早く片づけないと、婚期が遅れる」。よく耳にする言葉ですが、実はこれが言われるようになったのは、昭和になってから。その理由もいくつかありますので、紹介しましょう。

 

雛人形やひな壇など、ひな祭りに関わる道具は意外とたくさんあり、それを片付けるのはなかなか大変なものです。

 

そこで「早く片付けないと、結婚できない」という都市伝説をでっち上げた。いかにもそんな言い伝えが昔からありますよと伝え、子供に片付けを促す「しつけのための説」が1つ。

 

また、娘が嫁に行った時「うちの娘も、ようやく片付いたな」と言う事があります。親の立場からすると、娘の婚期は遅れて欲しくないもの。「雛人形を早めに片付ける」と「娘が結婚する=片付く」をかけた「縁起を担いだ説」が1つ。

 

さらに、別の説もあります。もともと「雛人形」は、自分の身代わりに災厄を引き受けてくれる存在でした。行事が終わった後、悪いものを受け止めた人形を速やかに片付ける事は「災厄を遠ざける」事になります。

 

人形を出しっぱなしにするという事は、近くに災厄があるという事にもなるので「行事が終わって片付けをしないと、厄が残って結婚出来ないかも」という「災厄隔離説」が1つ。

 

おそらく複数の説が混合して「雛人形やひな祭りの道具は、早めに片付けないと結婚できない」という言い回しが出来たのでは? と個人的には思っています。

 

「雛人形は、私の代わりに悪いものを受け止めてくれる」。そう思うと、雛人形に対して、感謝の気持ちもわくのではないでしょうか? そんな事を思いながら、今年も雛人形を大切に飾ってみてはいかがでしょう?

 

もちろん、速やかに片付ける事も忘れずに。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

マルキヨ製菓では「ひな祭り」に向け、期間限定お菓子として

DSCN2136「桜もち」と

hisi_3

「ひしもち」を製造中(写真は過去のもの)です。「もち系」は賞味期限が短いため、ブログで紹介できるのは「ひな祭り」直前となります。

 

そこで次回のブログはいつもの月曜日では無く3月2日(土)に更新し、2019年バージョンの「桜もち」と「ひしもち」を紹介したいと思いますので、お楽しみに!

 

2月最後の日は、明け方からかなり雨が降っていたようです。天気予報ではこれから明日にかけてずっと曇りとなっています。曇り空から時折差し込む太陽の光が、心地良いですね。

 

木曜日・金曜日が行事用お菓子を作るピークとなっていますので、ラストスパート頑張りたいと思います!

 

明日は3月1日で、県立高校の卒業式となっていますね。ついに高校も卒業し、大人の階段を1歩踏み出す事になります。自分の幸せのために、やりたい事・やるべき事をしっかり見極め、頑張っていきましょう。

 

3月はひな祭りの後にお彼岸があります。マルキヨ製菓もやるべき事をしっかり見据え、行事を支えるという使命のため、3月も頑張っていきたいと思います。

 

今回はこの辺で。

 

平日は毎日更新。Facebookもよろしくお願いします。

⇒【マルキヨ製菓:Facebook

mozu08

 

ブログランキング参加中です。よかったらポチッとお願いします。

 ↓

br_c_3110_1

沖縄 ブログランキングへ

商品取り扱い店舗

  • ・タウンプラザかねひで
  • ・イオン琉球㈱
  • ・リウボウストアー
  • ・㈱丸大
  • ・㈱サンエー
  • ・ユニオン
  • ・コープおきなわ
  • ・JAおきなわAコープ
  • ・野原食堂(宮古島)
  • (順位不同)

※工場でもご購入可能です。毎日製造する商品は異なりますので、事前にお問合わせください。

ご注文・お問合せはこちら 下記の電話番号・お問合せフォームからお気軽にお問合せください。 お問合せフォーム 098-878-8583

マルキヨ製菓通信販売

商品取り扱い店舗

  • タウンプラザかねひで
  • イオン琉球㈱
  • リウボウストアー
  • ㈱丸大
  • ㈱サンエー
  • ユニオン
  • コープおきなわ
  • JAおきなわAコープ
  • 野原食堂(宮古島)