スタッフブログ

勘違いされる「お内裏様とおひな様」

2022年02月25日

こんにちは、マルキヨ製菓広報担当の仲宗根です。2月は28日までしかないため、今回が2022年2月最後のブログ更新となります。

 

ここ最近はずっと低い気温の沖縄。今日は最高気温18度、最低気温13度と、沖縄としてはまだ冬の気温です。ただ、明日からは最高気温が20度を超える日々が続きそうで、今日が冬の最終日になるかもしれません。

 

来週やってくる行事と言えば雛祭り。3月3日木曜日が、その日になります。最近は雛祭りに関する内容で記事を書いていますが、今回は雛祭りでよく勘違いされているお話をしましょう。

 

バックナンバー

もともと「雛祭り」は「みそぎ」の行事でした。日本の貴族達は、自分の身代わりとなる「人形(ひとがた)」にみそぎをさせ、それが雛人形の起源とも言われています。

⇒【雛人形の起源

 

雛祭りが女の子の行事として祝われたり、ひな壇に雛人形を飾るようになるのは江戸時代からです。しかし、大きな雛人形や豪華な雛道具は幕府によって規制の対象となっていました。

⇒【雛道具で花嫁修業

 

お内裏様とお雛様

「あかりをつけましょ ぼんぼりに お花をあげましょ 桃の花 五人ばやしの 笛太鼓 今日はたのしい ひな祭り」

 

多くの日本人が歌詞を見なくても歌えるこの曲は「うれしいひなまつり」というタイトル。雛祭りの時には多くの人が口ずさむ、サトウハチロー作詞・河村光陽作曲の童謡は、1036年にレコードで発売されました。

 

ラジオで流れると国民的な大ヒット曲となり、教科書にも掲載されるなど「雛祭り」の代表曲として、今なお親しまれ続ける童謡です。この曲の2番に出てくる歌詞が

 

「お内裏様(おだいりさま)と おひな様 二人ならんで すまし顔 お嫁にいらした 姉様に よく似た官女の 白い顔」

 

こちらも歌える人は多いでしょう。この歌詞に出てくる「お内裏様」と「おひな様」ですが、誰のことを指しているかご存じでしょうか?

22_0225_01

ひな壇に飾られた雛人形達。この1番上にいる2体が「お内裏様とおひな様」と思っていませんか? 左の男雛(おびな)がお内裏様、右の女雛(めびな)がおひな様、そう勘違いしている人、たくさんいるのではないでしょうか?

 

まず、お内裏様について。天皇が居住し、執務や儀式を行う宮殿の事を内裏(だいり)といいますが、そこに住んでいる位の高い人達の事を総称して「お内裏様」と呼びます。ひな壇に飾られている人形達で、その高貴な位にあるのは

22_0225_02

上の2体になります。2人とも「お内裏様」になります。一方で、「おひな様」ですが、実はこちら、お内裏様の2体も含めた雛人形全体が「おひな様」に当たります。

 

歌にも出てくる「五人囃子(ごにんばやし)」(ひな壇の下)や、「三人官女(さんにんかんじょ)」(ひな壇中央)、そしてお内裏様の2体、全て「おひな様」になります。

 

前々回お話ししましたが「雛人形」の「雛」は、女の子がおままごとで遊ぶ時に使う人形の「ひいな」からきています。したがって、ひな壇に飾られている人形は全て雛(ひな)、すなわち「おひな様」なのです。

 

何故、勘違いされるのか?

では何故、日本人の多くが「お内裏様とおひな様」を、ひな壇の最上位にいる「男雛と女雛」の事だと勘違いしているのでしょうか? その要因は「うれしいひなまつり」の2番の歌詞に登場する「お内裏様と おひな様 二人ならんで すまし顔」にあると言われています。

 

「お内裏様とおひな様」の後に「二人ならんですまし顔」と続けば、誰しも「お内裏様とおひな様」って、上の2人の事だなと勘違いするでしょう。

 

「うれしいひなまつり」で作詞を担当したのは「サトウハチロー」先生。『リンゴの唄』の歌謡曲や、『ちいさい秋みつけた』『かわいいかくれんぼ』などの童謡でも作詞を手がけている作詞家です。

 

実はこのハチロー先生が「お内裏様=男雛」「おひな様=女雛」と勘違いして、作詞したと言われているのです。1936年に曲が発表され、80年以上経った今でも歌われ続ける国民的な大ヒット曲。

 

3月3日が近づくと、日本中の子供達が大合唱したと言われています。そしてハチロー先生ですが、曲が全国に広まった後で歌詞の間違いに気づいたそうです。

 

ハチロー先生の息子がこの曲をレコードでかけると「消せ」と言ったり、子供達が合唱する姿を見ると、かなり憂鬱な気持ちになっていたようです。

 

ハチロー先生の勘違いが歌詞に表れ、「うれしいひなまつり」を聞いた国民がハチロー先生の勘違いを受け継いだ形がず~っと残っているわけですね。

 

実はレクイエム

「うれしいひなまつり」を聞いた時、私はすごく印象に残る歌詞があります。

 

「お嫁にいらした 姉様に よく似た官女の 白い顔」

 

個人的には非常にエモーショナルなこの歌詞は、どのようにして生まれたのかとても不思議でした。

 

ハチロー先生には姉や妹がいたのですが、二人とも嫁入り前に亡くなっています。その事を悲しく思っていたハチロー先生が、「うれしいひなまつり」の歌詞の中に、彼女たちを偲んだ歌詞を入れたと伝わります。それが

 

「お嫁にいらした 姉様に よく似た官女の 白い顔」

 

この部分なのです。このエピソードを聞いた時、こうやって印象深い歌詞が生まれたのかと、すごく納得しましたね。皆さんも、この話を知った後でこの部分を歌うと、感慨深いものがあるのではないでしょうか?

 

マルキヨ製菓は来週の雛祭りの時期

7030209

「桜もち」と

7030203

「ひしもち」を期間限定商品としてリリースします。次回ブログでは、2022年バージョンのこれらの商品を紹介しますのでお楽しみに。

 

予報では来週はずっと暖かいようです。実は「ひしもち」は春の訪れを意味する色合いになっていますので、その事も次回お話ししましょう。

 

今回はこの辺で。

 

平日は毎日更新。Facebookもよろしくお願いします。

⇒【マルキヨ製菓:Facebook

mozu08

 

ブログランキング参加中です。よかったらポチッとお願いします。

 ↓

br_c_3110_1

沖縄 ブログランキングへ

商品取り扱い店舗

  • ・タウンプラザかねひで
  • ・イオン琉球㈱
  • ・リウボウストアー
  • ・㈱丸大
  • ・㈱サンエー
  • ・ユニオン
  • ・コープおきなわ
  • ・JAおきなわAコープ
  • ・野原食堂(宮古島)
  • (順位不同)

※工場でもご購入可能です。毎日製造する商品は異なりますので、事前にお問合わせください。

ご注文・お問合せはこちら 下記の電話番号・お問合せフォームからお気軽にお問合せください。 お問合せフォーム 098-878-8583

マルキヨ製菓通信販売

商品取り扱い店舗

  • タウンプラザかねひで
  • イオン琉球㈱
  • リウボウストアー
  • ㈱丸大
  • ㈱サンエー
  • ユニオン
  • コープおきなわ
  • JAおきなわAコープ
  • 野原食堂(宮古島)