スタッフブログ

旧盆⑥ 旧暦は7月、新暦だと8月に行われる盆

2019年08月1日

こんにちは、マルキヨ製菓広報担当の仲宗根です。 さぁ、今日から8月です。今年も残り5ヶ月! 気がつけば2020年、東京オリンピックの年になっていそうですね。
 
ここ最近は晴天続きで、今日も暑いです。毎日青空が広がり、空を見るだけでも元気になれます。ただ、あまりにも暑いので、外には出たくありませんが。笑
 

旧暦7月1日=新暦8月1日

 
今日は新暦の8月1日であると同時に、旧暦の7月1日となっています。それゆえ、旧暦の行事を気に掛けるお菓子業者としては、日付がピッタリとリンクしている事は日程の確認がしやすくなって、けっこう嬉しかったりします。
 
例えば旧盆は旧暦7月13日にウンケー、14日にナカヌヒー、15日にウークイとなっていますので、8月の13・14・15日がそれだなとわかります(送り出すのが16日になる地域もあります)。
 
また、旧の七夕は旧暦7月7日なので、今月8月7日がその日となります。旧の七夕については、次回のブログで紹介します。
 
今回のブログでは、旧盆は旧暦7月13~15日に行われるのに、新暦だと何故8月13~15日に行われるか、についてのお話となります。
 

旧暦と新暦で盆を行うのが1ヶ月ズレる理由

 
ご存じの通り、沖縄や鹿児島の一部では旧暦の7月13~15日でお盆を行います。しかし、それ以外の地域だと新暦8月13~15日がお盆となっています。ちょうど1ヶ月のズレがありますが、その理由はおもに2つあります。
 
明治政府が樹立する以前の日本では、旧暦の7月15日にお盆を行っていました。明治6年、明治政府がグレゴリオ暦、すなわち新暦を採用すると、各地でお盆を行う日にちにズレが出てきました。
 
これまでの通り、旧暦の7月に合わせてお盆を行う地域もあれば、新暦の7月にお盆を行う所も出てきたのです。新暦と旧暦では、約1ヶ月、あるいはそれ以上のズレが生じます。新暦の7月がやってくると、その1ヶ月後ぐらいに旧暦の7月がやってきます。
 
そのため、新暦の7月に合わせてお盆を行うと、これまでのお盆より1ヶ月早めに行ってしまう事になります。やはり、これまでに馴染んだお盆の時期に合わせたいという事で、(新暦に対し)1ヶ月先にズラしてお盆を行う所が出てきたのです。
 
この「1ヶ月、行事を先にズラす事」を「月送り」と言います。というわけで、旧盆と新暦の盆が1ヶ月違う理由の1つ目は、「これまで行っていた旧盆の時期に合わせるため、新暦では1ヶ月先送りした」となります。
 
もう1つの理由は、8月15日が終戦記念日である事です。1945年8月15日、第二次世界大戦が集結したとして、1982年に「戦没者を追悼し平和を祈念する日」とすることが閣議決定されました。
 
旧盆の最終日であるウークイが旧暦7月15日で、新暦ではそれにちょうど1ヶ月をプラスした8月15日に盆を行う事は、先の戦争で亡くなったご先祖様を迎え入れるという事で、時期的にも都合が良かったのです。
 
旧暦で行っていた頃の盆に時期を合わせる「月送り」、そして「戦没者の慰霊」という2つの理由で、旧暦では7月に行われる盆が、新暦だと1ヶ月先の8月に行われる事になったのです。
 
この事に関連して、1つ注意点があります。
 

新暦の盆は「新盆」とは言わないのでご注意

 
見出しの通り。「旧暦で行う盆」を「旧盆」と言うので、新暦のお盆を「新盆」と思ってる人も多いようですが、これは間違いです。
 
「新盆」と書いて「しんぼん」や「にいぼん」と言いますが、これは身内が亡くなって四十九日が明けて最初に迎える盆という意味であり、けして新暦で行う盆という意味ではありません。
 
というわけで、「新盆」という言葉の使い方にはお気を付け下さい。
 

お供え用お菓子「チョコマドレーヌ」

 
今年のお盆が終わるまで、ブログの後半ではお供え用お菓子を紹介しています。今回は

9021401チョコマドレーヌです。マドレーヌと兄弟分にあたり、マドレーヌ同様お供え用お菓子の定番となっています。

9021402しっとりフワフワ食感で、チョコが好きな方には間違いない味です。ココアパウダーがかかっているので、温めるとチョコのビターな甘味が増して、より美味しく召し上がれます。

9021103マルキヨ製菓のチョコマドレーヌは、1個税込108円(税抜100円)。賞味期限は製造から15日となっています。パッケージに表示されている日付をご確認下さい。
 
開封後は賞味期限によらず、お早めにお召し上がり下さい。また、保存の際は、高温多湿の場所、直射日光の当たる場所は避けて下さい。
 

三大忙しい行事の1つ

 
マルキヨ製菓にとって、三大忙しい行事がありまして「ムーチー」「シーミー」「旧盆」が、それにあたります。「ムーチー」はお餅に特化した行事で、「シーミー」はお供え用お菓子をたくさん作りますが、1ヶ月かけて行事が行われます。
 
それらの行事に対し、旧盆はたくさんのお供え用お菓子を集中して一気に作るため、かなり忙しくなっています。それゆえ、この「旧盆」が、最も忙しい行事と言えるかもしれません。
 
すでに連日、スタッフ一同、朝から晩までハードな仕事をこなしています。ご先祖様を迎え入れ、おもてなし、そしてまたあの世へ送り出す大事な行事ですから、我々も真心こめてお菓子を製造中です。
 
おかげさまで、毎年お菓子の注文が増えていています。マルキヨ製菓のお菓子が旧盆の時期に、たくさんお供え出来るよう、暑さに負けず頑張りたいと思います。
 
今回はこの辺で。

 

平日は毎日更新。Facebookもよろしくお願いします。

⇒【マルキヨ製菓:Facebook

mozu08

 

ブログランキング参加中です。よかったらポチッとお願いします。

 ↓

br_c_3110_1

沖縄 ブログランキングへ

商品取り扱い店舗

  • ・タウンプラザかねひで
  • ・イオン琉球㈱
  • ・リウボウストアー
  • ・㈱丸大
  • ・㈱サンエー
  • ・ユニオン
  • ・コープおきなわ
  • ・JAおきなわAコープ
  • ・野原食堂(宮古島)
  • (順位不同)

※工場でもご購入可能です。毎日製造する商品は異なりますので、事前にお問合わせください。

ご注文・お問合せはこちら 下記の電話番号・お問合せフォームからお気軽にお問合せください。 お問合せフォーム 098-878-8583

マルキヨ製菓通信販売

商品取り扱い店舗

  • タウンプラザかねひで
  • イオン琉球㈱
  • リウボウストアー
  • ㈱丸大
  • ㈱サンエー
  • ユニオン
  • コープおきなわ
  • JAおきなわAコープ
  • 野原食堂(宮古島)