スタッフブログ

尚家によるシーミー(前編)

2019年04月18日

こんにちは、マルキヨ製菓広報担当の仲宗根です。この時期、気になるのが天気。今日みたいないい天気だと「土日も晴れて、いいシーミーが出来ますように」と願うばかりです。

 

来週の週末から始まるゴールデンウィークは雨という噂もありますので、「シーミーやるなら、今度の土日がいいかも」なんて思ったりしています。

 

ご存じの通り、沖縄の人にとって4月はシーミーの時期という事で、ここ最近のブログではシーミー関連のお話をしています。今回は「尚家(しょうけ)によるシーミー」についてお話ししましょう。

 

尚家とは琉球王国を治めてきた王党の血筋であり、1429年に琉球を統一した尚巴志の血筋である第1尚氏と、クーデターによって王位についた金丸(かなまる)を始祖とする第2尚氏があります。

 

シーミーが琉球で行われたのは、第2尚氏第14代国王である尚穆(しょうぼく)王の時です。1768年、第2尚氏の王族が眠る玉陵(たまうどぅん)で尚穆王がシーミーを行って以降、この行事は続けられてきました。

 

琉球処分により琉球王国がなくなった後も、第2尚氏の血を受け継ぐ子孫によってシーミーは行われてきました。

 

しかし戦後しばらくして、尚家によるシーミーが中断されていた時期があります。そして去年、40数年ぶりに尚家によるシーミーが復活したという事でニュースになりました。

 

復活させたのが第2尚氏第23代当主となる尚衛(しょうまもる)さんです。彼は琉球国王最後の王である第2尚氏第19代国王・尚泰(しょうたい)王の玄孫(やしゃご)にあたります。1950年に生まれた彼の出身は東京です。

 

「何故、東京生まれ?」と思った方も多いでしょう。それには1879年に行われた「琉球処分」が関係しています。

 

大政奉還の後に設置された明治政府による廃藩置県。その流れで、琉球処分が行われた際、首里城は明治政府のものとなってしまいます。そして、首里を奪われた形になる琉球最後の国王・尚泰王は、東京移住を命ぜられました。

 

それゆえ、最後の国王以降の子孫は東京を中心に生活する事になるのです。

 

また、尚衛さんの父にあたる尚裕(しょうひろし)さんが、1992年、尚家の王が眠る玉陵(たまうどぅん)を那覇市に寄贈。2000年には「琉球王国のグスク及び関連遺産群」という名称で、玉陵も世界遺産に登録される事になりました。

 

玉陵は尚家の手を離れていた事もあり、その地で尚家がシーミーを行うのはそう簡単にはいかないわけです。そんな尚家によるシーミー復活のきっかけとなったのが、伊是名(いぜな)村で行われた公事清明祭(クージシーミー)です。

 

伊是名村は第2尚氏の始祖である金丸の出身であり、沖縄本島から離れた島にある村。金丸(国王についてからは尚円王)の生誕600年に行われたの公事清明祭に、その末裔である尚衛さんも参加しました。

 

そこで、沖縄の人達にとって尚家が大切な存在であると実感し、それに応えるためにも首里にある玉陵で尚家によるシーミーを復活させようと動き始めました。

 

そして、シーミー復活の際に貴重な資料となったのが「伊平屋嶋玉陵公事帳(いへやじまたまうどぅんくーじちょう)」という尚家の文書。首里王朝時代の最高機関でもあった評定所(ひょうじょうしょ)が編纂した資料です。

 

近所にある伊平屋島と伊是名島は、かつて統合され「伊平屋」という行政区でした。この公事帳には、伊是名にある玉陵でのシーミーの進行の仕方が記述されており、イラストも豊富で、どんなお供え物がどれぐらいの量でどの配置にあるかまで詳細に書かれています。

 

金丸の親族の中心となっているのが「銘苅家・伊禮家・名嘉家・玉城家」からなる「四殿内(ゆとぅぬち)」と呼ばれる四家です。首里王府の指導を受けた彼らを中心に、伊是名玉陵での公事清明祭が1870年代に行われることになりました。

 

まだまだ話は続くのですが、長くなりそうなので、今回はいったんここで止めておきます。次回は、この伊是名村で行われた公事清明祭が、首里玉陵で復活するシーミーの大きな助けとなったお話をします。

 

また、徳川家康や井伊直弼といった歴史上の人物の名前も出てくる予定です。沖縄のシーミーと、どのように関わってくるのでしょうか?

 

先日撮影した

9041103お菓子セット。この中から

9041801紅白かるかんをつまみぐいしてみました。

9041802お昼ご飯前ですが

9041803美味しくいただきました。体力の衰えは感じても、食欲の衰えは全く感じない今日この頃です。

 

今度の土日、シーミー行く人がかなりたくさんいるだろうと予想しています。それゆえ、マルキヨ製菓はたくさんお供え用お菓子を作って、各スーパーに運んでいます。

 

だいぶ疲れの見えてきたマルキヨ製菓スタッフですが、ゴールデンウィーク後半には、マルキヨ製菓も連休となります。それまではスタッフ一同、気合いを入れてお菓子を作り続けます。

 

これからシーミーを行う方達のためにも、今日も誠実に頑張りたいと思います。

 

今回はこの辺で。

 

平日は毎日更新。Facebookもよろしくお願いします。

⇒【マルキヨ製菓:Facebook

mozu08

 

ブログランキング参加中です。よかったらポチッとお願いします。

 ↓

br_c_3110_1

沖縄 ブログランキングへ

商品取り扱い店舗

  • ・タウンプラザかねひで
  • ・イオン琉球㈱
  • ・リウボウストアー
  • ・㈱丸大
  • ・㈱サンエー
  • ・ユニオン
  • ・コープおきなわ
  • ・JAおきなわAコープ
  • ・野原食堂(宮古島)
  • (順位不同)

※工場でもご購入可能です。毎日製造する商品は異なりますので、事前にお問合わせください。

ご注文・お問合せはこちら 下記の電話番号・お問合せフォームからお気軽にお問合せください。 お問合せフォーム 098-878-8583

マルキヨ製菓通信販売

商品取り扱い店舗

  • タウンプラザかねひで
  • イオン琉球㈱
  • リウボウストアー
  • ㈱丸大
  • ㈱サンエー
  • ユニオン
  • コープおきなわ
  • JAおきなわAコープ
  • 野原食堂(宮古島)