スタッフブログ

【マルキヨ製菓お菓子総選挙:第4位】

2018年07月12日

rank04_24

 

文月や 目覚まし代わりの セミの声

 

こんにちは、思わず一句詠んでしまったマルキヨ製菓広報担当の仲宗根です。朝はセミの声がホントに目覚まし代わりになっています。もう夏ですね~。

 

マルキヨ製菓お菓子総選挙】のランキングを発表中ですが、ついにベスト4までやってきました。先に言いますが、今回紹介するお菓子は私の中ではオススメ度1位です。さぁ、マルキヨ製菓スタッフの選ぶお菓子第4位とは!?

rank04_01「紅芋パイ」です! これは何個でも食べられちゃうお菓子ですよ。

rank04_02第25回全国菓子大博覧会でも金賞を受賞していますからね。自信を持ってオススメ出来るお菓子です!

rank04_03今回は6個入りで紹介しますが、6個全ていただいちゃいますよ(後日、追加でさらに4個食べます)。

rank04_041つ1つが丁寧に小袋に入っています。

rank04_05これまで何度か紹介しているお菓子なので、普通の食べ方は過去ブログを参照して下さい。

⇒【紅芋パイ

 

今回はちょっとしたひと手間を加えて、紅芋パイを美味しくいただける方法をたくさん試してみました。

rank04_06まずはレンジで15秒温めます。常温だとサクサク生地が、温める事でしっとり生地に変化。

rank04_07中の紅芋あんもアチコーコー。常温だと特に感じない紅芋の香りが、温める事ですごく周りに広がっていきます。

 

ただ、生地のしっとり度合いが強くなりすぎて、紅芋あんの甘さが少し抑えられている感じがするので正直、物足りなさを感じました。

 

ここからは一気にいきます。

 

常温で

rank04_09こちらのアイテムを使ってみました。

rank04_11紅芋パイにかけてみましょう。

rank04_12見た目もイマイチ(かけるのが下手ですいません)、イチゴとバターの味が強くて紅芋あんの味がぼやけちゃいました。失敗です。

rank04_14お次はブルーベリー。

rank04_16よく、パンにかけたりしますよね。

rank04_17なかなか綺麗にかける事はできません。ブルーベリーはまずまずですが、やはりバター味が強くて、こちらも紅芋あんのよさを引き出してくれません。う~む。

 

ならばと

rank04_18今度は冷凍庫に一晩寝かせてみました。

rank04_19そのまま食べると、カッチカチでサクサク食感もなければ、味もパッとしませんでした。

rank04_21冷やした状態でホイップクリームを足してみます。まずまずでしたが、冷やすと紅芋パイ自体の個性が死んでる感じで微妙でした。冷凍でなく、冷蔵で冷やしてもイマイチでした。

rank04_22

常温でホイップクリームをかけてみたら、これはまぁまぁいけました。常温なので紅芋あんの味はもちろん、ホイップクリームのほどよい甘さはそれを邪魔せずに美味しく頂けました。

rank04_23ちなみに、最近マイブームのアイス添えもしてみました。普通にアイスが美味しい、紅芋パイは紅芋パイで美味しいだったので、特にコラボしたからという理由で美味しいというのではないかな……という感じでした。

 

今回、レンジで温める、苺クリームかける、ブルーベリークリームかける、冷やす、ホイップクリームかける、アイスを添えるなど、一人で10個も紅芋パイを食べる実験をしました。

 

結論

 

何もせずに食べた方が1番美味しい。

 

「常温でホイップクリームかける」が、まぁまぁ美味しいぐらいで、ギリギリオススメ出来るかなという感じです。

 

何もせずに美味しいという事は、それだけ完成度の高いお菓子という事でしょう。というわけで、こちらのお菓子は温めたり冷やしたりせず、そのままお召し上がり下さい。

rank04_01こちらの商品、6個入りは税込648円(税抜600円)、単品は税込108円(税抜100円)、12個入りは税込1080円(税抜1000円)となっています。

 

賞味期限は製造から60日と長いので、お土産お菓子としても最適。さらにはお供え用お菓子としても、平常日のお菓子としても人気あります。まさに万能のお菓子で

beni01この称号も伊達ではありません。私はもちろん、他の人から「美味しくて、(食べるのが)ヤメられない止まらない」とお声をいただいております。

 

個人的にはべスト3に入ってて欲しかったのですが、上位3つのお菓子も納得の顔ぶれなんですよね。

 

このお菓子はネット注文も可能です。県外の方で興味ある方はこちらもチェックしてみてください。

⇒【紅芋パイ

 

今回はいろいろな食べ方を試してみましたが、ことごとく「何もしない方が美味しい」という結論でした。

 

実験は失敗として受け取るのではなく、「これらの試みでは美味しさをアップできなかった事を知る事が出来た」として、また次回、より美味しく頂けるアレンジに挑戦したいと思います。前向きにお菓子の可能性を追求していきますよ!

 

気がつけば7月も中旬までやってきました。外を出歩くと、セミの声と共に強烈な日差しが体を突き刺します。

 

マルキヨ製菓では、すでに旧盆に向けて準備を始めています。沖縄県民にとっては最大級の行事の1つですからね。みなさんがしっかりと行事を執り行えるよう、準備を頑張っているところです。

 

学生さんはそろそろ夏休みでしょうか。コツコツと夏休みの宿題をこなして、楽しい思い出のあふれる夏休みにして欲しいですね。

 

勉強にお仕事、今日も頑張っていきましょう!

 

今回はこの辺で。

 

Dee沖縄さんによる「マルキヨ製菓工場見学」の記事はこちらです。

⇒【めくるめくウチナー菓子の世界!マルキヨ製菓に潜入取材

 

平日は毎日更新。Facebookもよろしくお願いします。

⇒【マルキヨ製菓:Facebook

mozu08

 

ブログランキング参加中です。よかったらポチッとお願いします。

 ↓

br_c_3110_1

沖縄 ブログランキングへ

商品取り扱い店舗

  • ・タウンプラザかねひで
  • ・イオン琉球㈱
  • ・リウボウストアー
  • ・㈱丸大
  • ・㈱サンエー
  • ・ユニオン
  • ・コープおきなわ
  • ・JAおきなわAコープ
  • ・野原食堂(宮古島)
  • (順位不同)

※工場でもご購入可能です。毎日製造する商品は異なりますので、事前にお問合わせください。

ご注文・お問合せはこちら 下記の電話番号・お問合せフォームからお気軽にお問合せください。 お問合せフォーム 098-878-8583

マルキヨ製菓通信販売

商品取り扱い店舗

  • タウンプラザかねひで
  • イオン琉球㈱
  • リウボウストアー
  • ㈱丸大
  • ㈱サンエー
  • ユニオン
  • コープおきなわ
  • JAおきなわAコープ
  • 野原食堂(宮古島)