スタッフブログ

短冊に書くのはスキルアップ 【七夕:後編】

2017年07月6日

こんにちは、マルキヨ製菓広報担当仲宗根です。今日は7月6日ですね。毎年この日は
 
この味が 「いいね」と君が 言ったから

7月6日は サラダ記念日
 
俵万智さんの「サラダ記念日」を思い出します。学生の頃に買って読んだ短歌集「サラダ記念日」。わずか31文字の世界で表現される世界観に、大きな衝撃と感動を覚えた作品です。
 
さて、明日は七夕ということで、前回ブログでは「織り姫と彦星伝説」についてお話ししました。

→【恋におぼれた末路 【七夕:前編】
 
仕事熱心だった2人は、結婚をきっかけに仕事を放ったらかし。天帝の怒りに触れた結果、天の川を挟んで2人は離ればなれになるというお話でした。
 
今回は七夕の行事について、過去ブログの記事に加筆修正してお送りいたします。
 
皆さんは「七夕」と書いて、どうして「たなばた」と読むのかご存じでしょうか? なぜ「短冊に願い事(正確には少し違います)を記す」のでしょうか? そこら辺をしっかりお話ししていきます。
 
中国の「牽牛(けんぎゅう)星・織女(しょくじょ)星伝説」、「乞巧奠(きこうでん)」と呼ばれる風習、そして日本の「棚機女(たなばたつめ)信仰」。
 
これら3つの「伝説」「風習」「信仰」から、「七月七日、願い事を書いた短冊を、笹の葉につるす」という風習が生まれます。1つずつみていきましょう。
 
①「牽牛(けんぎゅう)星・織女(しょくじょ)星伝説」
 
これは前回お話しした「織姫と彦星の伝説」のことです。
 
「牽牛(けんぎゅう)星」は「わし座のアルタイル」、「織女(しょくじょ)星」は「こと座のベガ」の事で、旧暦の7月7日に天の川をはさんでもっとも輝く時期となります。
 
これに関連して生まれたのが次の風習です。

 

【マルキヨ製菓 CM①】

 

② 「乞巧奠(きこうでん)」
 
中国では7月7日、織女(しょくじょ)星にあやかり「機(はた)織り等の手芸が上達しますように」とお祈りする「乞巧奠(きこうでん)」という風習があります。
 
特に唐時代・玄宗が皇帝だった頃の中国では、盛んにこの風習が行われたそうです。

 

ちなみに玄宗皇帝と言えば前半は良い治世を行うも、後半は世界三大美女の1人・楊貴妃(ようきひ)の魅力におぼれ政治をおろそかにし、国を乱してしまった皇帝です。

 

庭先の祭壇に、針や五色(ごしき)の糸をそなえて星にお祈りするこの風習は、「牽牛(けんぎゅう)星・織女(しょくじょ)星伝説」と共に中国から、奈良時代の日本へ伝わり、宮中や貴族の間で広まっていきます。
 
この「五色(ごしき)の糸」は、後の日本で「五色(ごしき)の短冊」へと姿を変える事になりますが、この頃はまだ「短冊に願い事を書く」といった光景は見られません。
 
室町時代。芸事の1つである書道の上達を願い「短冊に和歌を書いて、硯(すずり)や墨などと一緒にお供えする」風習が生まれました。
 
さらに江戸時代初期、野菜や果物をそえて習い事の上達を願う風習がありましたが、やがて「願い事を書いた短冊を笹(ささ)につるす」という形に変わっていきます。

 

笹には「邪気を祓う」という言い伝えがあり、それが「短冊を笹につるす風習」につながったとも言われています。
 
この風習は一般庶民にも広がっていきますが、あくまでも「習い事が上達するように」という祈願であり、現代のように「お金持ちになりたい」とか「素敵な恋人が欲しい」といった「個人的なお願い」をする事はありませんでした。
 
最初は「機(はた)織りや裁縫等の手芸が上達しますように」。それが「書道等の芸事が上達しますように」と変化。願い事をする本人の「スキルアップの願掛け」が七夕の日に願う事だったのです。
 
それが現代に至る間に「宝くじが当たりますように」とか「健康でありますように」など、スキルとは別の個人的欲望も願うようになりました。以上が「短冊に願い事を書いて、笹の葉につるす」風習の成り立ちです。

 

【マルキヨ製菓 CM②】

 

③ 「棚機女(たなばたつめ)信仰」
 
では、【「七夕」と書いて「たなばた」と読むのは何故?】についてお話ししましょう。「七夕」は音読みでも訓読みでも「たなばた」とは、読めないですよね。この読み方は、日本固有の「棚機女(たなばたつめ)信仰」にあるのです。

 

「棚機女(たなばたつめ)」は、712年に編纂された古事記にその記述がありますので、それ以前からあった信仰のようです。
 
7月6日、選ばれた汚れのない女性が水辺の機屋(はたや・機織りする建物)に入って、機を織ります。その織物はやがて現れる神が身にまとう衣であり、女性は神の妻となって身ごもります。
 
7月6日の夜に訪れた神は、妻となった女性に子供を宿し、7月7日の夕方に帰ります。
 
女性は仕上げた織物を棚に供え、機屋を出ます。近くの水辺でみそぎを行うと、神様はその地域から災厄を取り除き、豊穣をもたらす… と言われています。
 
その選ばれた女性の事を「棚機女(たなばたつめ)」と呼び、着物を作るときに使ったのが「棚機(たなばた)」という織り機でした。

 

やがて日本に仏教が伝わると、お盆を迎える準備として「棚機女(たなばたつめ)」が行われるようになりました。
 
この「棚機(たなばた)」と、ご先祖様を迎え入れる棚(精霊棚【しょうりょうだな】)を7日の夕方に安置した事から、「7日の夕方」と書いて「七夕(たなばた)」と読むようになったと言われています。

 

「牽牛(けんぎゅう)星・織女(しょくじょ)星伝説」の主役の一人である織姫も、機(はた)を織る仕事をしていました。「棚機女(たなばたつめ)信仰」とその伝説とが結びつくのも、自然の流れと言えるでしょう。

 

昔の日本では「七夕」は「お盆」行事の一環であり、「お盆の準備」とう位置づけでした。
 
実は沖縄行事「旧暦の七夕」は、今でもまさにその通りで「そろそろお盆がやってきますよ」と墓参りをして、墓掃除をしたりする日なのです。
 
旧暦7月7日に行われる沖縄の七夕については、また別の機会にくわしくお話ししますが、沖縄の七夕は「かつての日本の七夕」の色を強く残した行事と言えるでしょう。

 

というわけで、ちょっと長めに「七夕」についてお話ししました。短冊には「願い事」ではなく、自分のスキルアップ内容を記すということが、多くの日本人が勘違いしている点かもしれませんね。
 
「宝くじが当たりますように」「かっこいい恋人ができますように」ではなく、「勉強ができますように」「仕事能力が上達しますように」が正しいというわけです。
 
2017年7月7日。私は「PC作業を効率よくこなせるよう、色々なソフトのスキルを身につけたい」とお願いしましょうかね。皆さんは、どんなことを短冊に記したいですか?
 
今回はこの辺で。

 

mozu08

 

ブログランキング参加中です。よかったらポチッとお願いします。

 ↓

br_c_3110_1

沖縄 ブログランキングへ

商品取り扱い店舗

  • ・タウンプラザかねひで
  • ・イオン琉球㈱
  • ・リウボウストアー
  • ・㈱丸大
  • ・㈱サンエー
  • ・ユニオン
  • ・コープおきなわ
  • ・JAおきなわAコープ
  • ・野原食堂(宮古島)
  • (順位不同)

※工場でもご購入可能です。毎日製造する商品は異なりますので、事前にお問合わせください。

ご注文・お問合せはこちら 下記の電話番号・お問合せフォームからお気軽にお問合せください。 お問合せフォーム 098-878-8583

マルキヨ製菓通信販売

商品取り扱い店舗

  • タウンプラザかねひで
  • イオン琉球㈱
  • リウボウストアー
  • ㈱丸大
  • ㈱サンエー
  • ユニオン
  • コープおきなわ
  • JAおきなわAコープ
  • 野原食堂(宮古島)